Sooda!
 閲覧数:151
中国は絶対に勝つと思いますか。

中国国防白書に見る海軍強化と行動領域拡大 海軍大佐「戦って必ず勝つ」
2013.7.9 11:02

中国では軍民が一体となって「富国強軍」を目指しているが、2012年版の国防白書は経済権益の確保を名目に中国の武装力が今後、世界に活動範囲を広げる2つの可能性を示しており、注目点を紹介したい。(フジサンケイビジネスアイ)

一つは中国の国益の海外拡大に伴う武装力の行動領域の拡大である。「経済発展および企業の海外投資や派遣人材などの新たな国益や財産・人命の防護」も武装力の任務とされたが、国外への出動では関係国と主権が絡んだ摩擦を招くことになる。

その背景として白書は「国際的に覇権主義、強権政治、新たな干渉主義が台頭しており、衝突は絶えない」「テロリズム、分裂主義、過激主義の脅威が高まり、海外利益と安全が脅かされている」との情勢認識を示していた。

国防白書の発表に合わせた記者会見で、国防省楊宇軍報道官は「中国の海洋権益や核心的利益が侵されれば、必ず反撃する」と発言しており、中国の強硬姿勢が注目された。

今後、経済的利益や同胞救助の名目で、域外への武装力出動は増えようが、その動向は中国の影響力拡大の思惑もあり、注目されよう。

もう一つは、活発化する近年の中国による海洋進出である。白書は「海洋は中国の持続可能な発展のための資源を保障する空間」(3章)との見方を示し、「海洋権益を守る」ことを強調している。

中東からの石油輸入や戦略物資を輸入するルートに当たる南シナ海やインド洋のシーレーンも海洋権益とし、その防衛も「軍の重要な職責」だと表明している。

関連して中国の海洋進出に伴う尖閣諸島をめぐる日中間の軋轢(あつれき)に関して白書は「日本が釣魚島(尖閣諸島の中国名)問題で騒ぎを起こしている」と国名を挙げて異例な記述をしていた。そして前出の報道官は「中国政府と中国軍は、釣魚島の主権を守る決意も能力もある」と述べ、日本を強く牽制(けんせい)している。また同席した総参謀部の呉喜●(=金へんに華)大佐も「戦争には反対だが、戦争を強いられたら、戦って必ず勝つ」と物騒なことまで述べていた。

その上で、全国人民代表大会(国会に相当)では公安相の指揮下に置かれた国家海警局を新編し、これまでの「海監」や「魚政」などの公船を統合運用し、かつ司法権を発動できる態勢に強化している。(拓殖大学名誉教授・茅原郁生)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130709/chn13070911030001-n2.htm

質問者:すれ
質問日時:2013-07-10 19:45:45
カテゴリ:ニュース・時事>国際

ベスト回答
核を使えば勝つと思いますが、通常兵器でシナが勝つ根拠なんかありません。
シナが、どんなに海軍力を増強しても、通常兵力ならば日本にとっては脅威ではなく、日本にとってシナの脅威といえるのは、シナが保有している核戦力だけです。
日本に有事があった場合、米国や国連が100%守ってくれるという保障なんかどこにもなく、日本が核攻撃されたら、米国が日本の代わりに核報復してくれるなんてことは、世の中の常識で考えたら、あり得ない話です。
シナ・北朝鮮・ロシアによる核戦力の脅威を抑止できるのは、日本国憲法でも日米安全保障条約でも何でもなく、抑止できるのは日本自前の核戦力だけです。
インド・パキスタン・イスラエルなどは核兵器を保有しているのに、国際的な政治圧力がないのは、外交でなんらかの条件付で保有を黙認してもらったと見るべきでしょう。
最初は、条件付でも良いですから、日本政府も核戦力保有を認めてもらうために外交努力をすべきだと思います。
核戦力保有が、憲法に違反するなら改正すれば良いだけの話です。
ただ、日本が核兵器を配備しても、日本の国有地は狭く、ミサイル施設を配備する場所が少なく限られてしまいますから、護衛艦や潜水艦に搭載できる弾道・巡航ミサイルしかないでしょう。

回答者:匿名
回答日時:2013-07-10 20:10:08

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜3件/3件中
軍民が一体とはなれないと思います。上の者と下の者では温度差が...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-07-17 00:17:05

この回答の満足度 ★★★★★
内部は統制がとれていないと思います。彼らの文化ですから、個人...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-07-11 11:05:24

この回答の満足度 ★★★★★
中国はいずれ負けると思います詳細

回答者:sooda
回答日時:2013-07-11 08:23:38

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ