Sooda!
 閲覧数:130
中国は日本の領海内に自由に入れる権利を得たのですか。

質問者:匿名
質問日時:2013-07-10 22:32:10
カテゴリ:ニュース・時事>国際

ベスト回答
得ていません。領海行為の全ては、中国側の一方的な侵犯行為です。ただ、近接する領海問題に関しては、国際法上、当事国の話し合いで決めることになっていますが、これに関し日本政府は、一貫して海域に関する「領海問題は無い」という姿勢をとっています。

もっとも、搶ャ平時代に当時の田中総理との間で「尖閣棚上げ論」の密約があったとする見解もあります。現岸田外相も同様のことを述べています。密約とは「領海侵犯があったとしても何もしないでそのまま帰ってもらう」という約束です。

しかし、過去自民政権時代はすべてこうした密約を守っていたのですが、民主政権時にその密約が引き継がれず、当時の菅政権が船長を逮捕したことをきっかけに中国側の態度が一変しました。これは、反日運動などに発展し日系企業も多大なる損害を受けました。

こうしてみると、中国側は密約を反故にしたようにみえます。しかし、つい先週のニュースで「尖閣棚上げ」を政府幹部に打診してきたとありました。これは中国経済の成長鈍化に対する危機から、日本との交流を活性化させたい(投資をしてもらいたい)意図があるといわれています。

したたかな中国といえば聞こえはいいですが、侵犯行為は国防上の問題でもあります。侵犯行為に対する応戦の場合、9条で否定している「武力」にはあたりませんから、本来なら船を沈めるべく攻撃をしても問題がない場合にあたります。

ただ、いまだ日本経済が中国経済に頼らざる得ない現状からすると、そう一筋縄では解決はできないのが現実です。

回答者:Howard Schultz
回答日時:2013-07-10 23:44:11

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/8件中
学生時代は中国は自分の物は自分のもの、人のものも自分のものの...詳細

回答者:歴史に礼節なし
回答日時:2013-07-12 02:21:12

この回答の満足度 ★★★★★
そんな権利はないです。しかし、法律とか国際ルールなどが通用し...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-07-11 10:40:00

この回答の満足度 ★★★★★
他人と自分の考えが違う様に私達の常識・モラル・価値基準で、中...詳細

回答者:paradis
回答日時:2013-07-11 04:48:34

この回答の満足度 ★★★★★
得るも得ないも勝手に入ってきて好き放題をしているだけです。即...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-07-11 02:21:48

この回答の満足度 ★★★★★
そんな権利は得ていません。日本は領海侵犯されても何もできない...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-07-11 01:59:46

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ