Sooda!
 閲覧数:107
パタヤでは、チップはいくらくらいが相場でしょうか。

質問者:ショート
質問日時:2013-08-06 13:50:26
カテゴリ:マネー>その他

ベスト回答
何か簡単なことを頼んだ時やルームサービスのウェイター、メイド、ベルボーイが荷物を運んでくれた時=20〜40バーツ。
プライベートタクシードライバー。何も問題なく目的地に到着した時には100〜200バーツ。メータータクシーには必要ありませんが、つり銭をそのままチップとしてあげるといいでしょう。なかには、細かいお金がないと言ってわざとお釣りを渡さない輩もいます。
マッサージ師には50〜100バーツ。できれば100バーツが好ましい。
ホテルのレストランではサービスチャージが加算されているので、その必要はないかと思いますが、気分よく食事ができたと思ったら係りの給仕に100〜200バーツほどあげるといいでしょう。また来る機会があった時に、あなたの顔を覚えていてサービスが違うでしょう。
但し、そのレストランの係りの人にだけあげてください。誰かれなく配りまくるのはいただけません。品位が落ちます。
バーなどでリクエストした曲を演奏してもらった時=最低50バーツ。
一人100バーツ以上のレストランでは、20〜100バーツ。あるいは、つり銭がその金額に近ければそのまま置いてきましょう。
美容院などで指名した場合には、50バーツ〜100バーツ。
屋台などでは必要ありません。
カラオケやソープでのチップは、ご自由に。でも、横に座って相手をしてくれた女の子には、(連れ出さない場合)最低でも500バーツはあげてください。

--------------------------------------------------------------------------------

担当官や何か特別に手配をしてもらった場合に手渡すお金のことを、"カーナーム"と言います。(お客さんを観光に案内して、業者側から出るコミッションのこともそう言う)
アンダーマネー、袖の下と取られる場合もありますが。
日本語で言うと、お菓子代とでも表現するとわかりやすいでしょうか。
実際、直訳すると"お水代"です。

役所などでは、金銭よりもお菓子などを持参して差し上げることもタイ人はよくやっています。
そうすることによって用事が早く、スムースに進みます。次からも手早い対応が期待できます。
使用する場所は、役所、移民局、警察などが多いでしょう。(公務員)
さりげなく、目立たないように、他の同僚にわからないように書類の下などにすっと差し入れて渡してあげることです。
ビデオカメラなどにも映っているかもしれません。彼らが取り良いように渡してください。

内容にもよりますが、最低でも500バーツ〜です。100バーツ以下は間違っても渡してはいけません。それなら、渡さない方がいいです。あるいはお菓子や果物を下げていきましょう。
ちょっと込み入った時には最低でも1000バーツ以上は渡しましょう。

但し、必ず渡さないといけないというのではありません。
たとえば、婚姻届を出す時に書類不足で手間取らせたが、そこをうまく取り計らってくれたとか、明日出来る書類のはずが、今日中に仕上げてくれたとかーの場合です。常に渡さないといけないと言っているのではありません。特別に何かをしてもらう時ーと考えればいいでしょう。
それと、その分野での仕事をしていて、その人に何度もお願いする場合ーなどです。

因みに、交通違反で捕まったときなどは、タイミングよく他から見えないように100バーツ渡します。タイ人と一緒なら、そのタイ人に40バーツ位手渡してもらいます。キップを切られる前に渡します。切られてしまってからでは手遅れです。


--------------------------------------------------------------------------------

回答者:Sooka!
回答日時:2013-08-06 14:48:34

この回答の満足度 ★★★★☆
お礼コメント
これらは既に読んでいました。いつの書き込みかわからなかったので、最新とはいわなくても、最近のを質問しました

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ