Sooda!
 閲覧数:82
日本人は強制連行されてもおとなしくしているのですか。

シベリア抑留では60万人が強制労働させられ6万人が亡くなったのに、なぜあまり話題に上らないのか

「戦争、二度としてはいけない」=シベリア抑留の元少年兵−過酷な経験、後世に

太平洋戦争終結から15日で68年。当時、中国や東南アジアなどの戦線に赴き、現在も高齢を押して過酷な経験を後世に伝えようと
活動を続けている旧日本軍の元兵士らに話を聞いた。「憲法9条は絶対に守るべきだ」。絞り出した声が重く響いた。

【終戦特集】太平洋戦争の歴史を振り返る

1944年12月に19歳で旧日本軍に召集された加藤正寿さん(88)=東京都文京区=は旧満州(現中国北東部)で終戦を迎え、
そのままシベリア(現ロシア東部)に抑留された。約3年4カ月に及ぶ抑留生活の末復員したが、仲間の多くは厳寒の地で命を落とした。
加藤さん自身も、共産圏から帰って来たという理由だけで、長い間、就職先も見つからなかった。10年ほど前から、都内の小学校などで
自らの戦争体験を伝えている加藤さんは「『国のため』と言われ戦地に行ったのに。戦争なんか、二度と起こしてはいけない」。そう語気を強めた。

終戦間際の45年8月、旧満州で上官から「あす、ソ連(現ロシアなど)が攻めて来る。爆薬を胸に抱いて戦車の下に飛び込め」と指示された。
「私の人生は随分短かったな。せめてもう一度、母親に会いたかった」。覚悟を決めた直後、退却命令が出て命を永らえた。

新京(現長春)で武装解除された後、街中を歩いていた日本人女性がトラックでソ連兵に連れ去られるのを目撃した。
「兵隊さん、助けて!」。加藤さんらに向かって女性が叫んだが、銃も剣もなく、助けられなかった。
「戦争に負けるということは、こんなにみじめなのか」と思い知ったという。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013080900585

質問者:匿名
質問日時:2013-08-10 01:03:03
カテゴリ:ニュース・時事>政治

ベスト回答
負けた事実を受け止め、それに見合う犠牲を払う。そして、一切の責任を自らで背負う。
日本人らしいと思いますね。それが、今日における日本を築いてきたと思います。

ただ、最近は、その犠牲の上に成り立っているというのを、我々日本人が忘れつつあるのが、悲しいですね。まあ、よく言えば、過去にいつまでも目を向けず、前に進もうとしているのかもしれませんが。

ありもしない責任や、既に解決済みの責任に対して、今も掘り返しているどっかの後ろしか見ることのない連中と比べれば、遥かにマシかもしれません。

回答者:匿名希望
回答日時:2013-08-10 09:58:52

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜4件/4件中
抵抗すれば命の保証なんてないのですから生きる為にはそうするし...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-08-17 00:03:58

この回答の満足度 ★★★★★
丸腰で、刃向かうこともできなかったのでしょう詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-08-14 16:18:19

この回答の満足度 ★★★★★
敗戦国で抵抗する余力のなく辛抱するしかなかったのです。敗戦を...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-08-10 22:55:58

この回答の満足度 ★★★★★
シナにいた日本人の大半は終戦後すぐに日本に帰れると思っていて...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-08-10 07:34:35

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ