Sooda!
 閲覧数:88
カネボウの白斑問題。
日本は薬の許可が甘すぎると思います。
抗がん剤などについても強く思います。
外国では許可されていない薬が簡単に処方されており
無知な患者は医者を信じて服用し、重い副作用に苦しめられたあげく死に至ります。

薬について「潜在的な毒性が疑われるので慎重に取り扱うべきもの」という概念が欠落しているように思えます。 (あるサイトより引用)

カネボウの問題が出た今、大きな範囲で
医薬品について大きく取り上げて改善してもらいたいと思いませんか?
危険なものは慎重に厳しく審査してほしいものです。

たくさんの人に考えて欲しくて質問致しました。
あなたの思いを聞かせてください。

質問者:匿名
質問日時:2013-09-02 20:03:37
カテゴリ:美容・健康>その他

ベスト回答
癌の特効薬はほとんど少ないと思います。
エイズとがんは、ある程度の副作用は認められているはずです。
一般の薬でも副作用がないのが一番ですが、副作用が少ないの表現のはずです。
もともと薬は毒を薄めていると考えたほうが良いです。

カネボウの件は慎重さも見識も不足して、赤字から脱却しようとする金儲けが優先して企業の倫理観が不足、欠如したものでないでしょうか。

回答者:匿 名
回答日時:2013-09-02 23:02:19

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
きっと、法のギリギリの状態で使用してるのでしょうね。詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-09-08 14:58:40

この回答の満足度 ★★★★★
カネボウの白斑問題は、抑止力のために、莫大な補償をさせるべ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-09-02 22:14:08

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ