Sooda!
 閲覧数:203
韓国はベトナムで大強姦・大虐殺をしたのに、朴が謝罪しないのは、過去の歴史を直視していない、ことなのでしょうか。韓国が日本に「過去の歴史を直視しろ」とさんざんいいますが、日本を違反する時に言う論理は、すべて自分たちのことを言い表しているのですか。

ベトナム訪問の朴大統領 過去の戦争の歴史で謝罪せず 2013.9.10 21:22

【ソウル=黒田勝弘】ベトナム訪問中の朴(パク)槿(ク)恵(ネ)大統領が過去の戦争の歴史について謝罪発言などまったくせず、ベトナム側も何ら要求していないことが韓国で話題になっている。10日付の新聞論調では、韓国が日本に対してしきりに「歴史直視」を要求していることと矛盾するではないかとの皮肉も出ている(ハンギョレ新聞社説)。

韓国は1960〜70年代のベトナム戦争で米軍支援のため延べ30万人以上の部隊を派兵し、部分的に“住民虐殺事件"もあったとされる。ベトナム統一後、両国は92年に国交を結んだが、ベトナムは韓国に対し謝罪や反省、補償など一切求めなかった。

しかし2001年、金(キム)大(デ)中(ジュン)大統領がベトナム訪問の際、「不本意ながらベトナム国民に苦痛を与えたことを申し訳なく思う」と“謝罪"した。これに対し当時、野党だった朴槿恵ハンナラ党副総裁は「金大統領の歴史認識を憂慮せざるを得ない。参戦勇士の名誉を傷つけるものだ」と批判した経緯がある。

ベトナム派兵は父・朴正(チョン)煕(ヒ)大統領(当時)の決断で行われたものだが、朴槿恵大統領は今回の訪問に際しベトナムの国父ホー・チ・ミンの廟(びょう)参拝、献花の時を含め戦争の歴史にはまったく触れず、もっぱら経済協力問題に終始した。
中央日報は1面トップ記事で「父の時代の歴史に対する和解」とし「過去についての両国の成熟した立場と、間違った歴史認識にとらわれている日本を比較することになる」「日本への圧迫の意味もある」と奇妙な解釈を加えている。

朴槿恵大統領が謝罪をしなかった背景には、ベトナム戦争を米韓による侵略戦争とするベトナム側と「自由を守るための戦争」とする自らとの間に歴史認識の違いがあるからだ。

にもかかわらずベトナムが韓国に歴史認識の一致や謝罪、反省を求めず未来志向の協力関係を重視する“成熟"した態度は、日本ではなくむしろ韓国の対日姿勢に対する教訓であり“圧迫"になるものだろう。

一方、韓国マスコミはベトナムが60年以上も植民地支配したフランスに対して謝罪や反省、補償など一切求めていないことにはまったく触れていない。http://sankei.jp.msn.com/world/news/130910/asi13091021240000-n2.htm

質問者:精神異常者
質問日時:2013-09-10 21:46:13
カテゴリ:ニュース・時事>国際

ベスト回答
韓国人はもともと歴史を直視などしていません。
ただただ狂っているだけです。

なので自分達がしたことを「なかったことにする」ぐらいは当然ですし、「なかったこと」をあったと主張するのも当然です。

反日狂犬。それがかれらの正体です。

回答者:匿名希望
回答日時:2013-09-11 00:06:21

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜3件/3件中
頭をさげることはないでしょう。アホな国ですから。詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-09-15 21:16:21

この回答の満足度 ★★★★★
自国の事を棚に上げよく日本の事を非難できる物だと思いますね。...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-09-12 01:16:04

この回答の満足度 ★★★★★
自分達の卑劣な行為を忘れているのです。それだけ野蛮なのです。...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-09-11 23:28:41

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ