Sooda!
 閲覧数:294
2018年韓国オリンピックでは、日本が設計し費用も負担させられるのですか。ウホウホですか。

まず積雪問題であり、開催地の江原道平昌は韓国では最も雪の多い地域ではあるが、積雪は多い年で40cm、暖冬の場合は雪が一切積もらない可能性もある。その場合は人工雪で補わなくてはいけない。

問題はこれだけではない。スケートリンク、ボブスレー、スケルトンの施設などは選手が実際に試走するのである。しかし韓国のボブスレーやリュージュの選手は非常に少なくノウハウが全くない状態。そのためコース設計は日本が補うことになりそうだ。もちろんその資金は日本が立て替えなければいけない。立て替えると言っても返してくれるとは思えないが。過去2002年のワールドカップを強引に合同開催した韓国だが、スタジアム建設費の300億円をびた一文払っていない。

2020年の東京オリンピックに野次を入れる前に、自国での平昌オリンピックの代替地候補を模索した方がいいのではないだろうか。スキー文化もほとんどない国がなぜ冬季オリンピックに名乗り出たのだろうか。http://getnews.jp/archives/415168

質問者:匿名で質問する
質問日時:2013-09-10 22:36:04
カテゴリ:ニュース・時事>スポーツ

ベスト回答
もちろん負担させようと言い掛かりを付けてきますが、もう援助の必要はありませんから何もする必要はありません。開催地返上という事態になるのではないでしょうか。日本の力がないと何もできないのです。

回答者:匿名
回答日時:2013-09-11 23:24:23

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜3件/3件中
色んな手段で言い寄ってくるでしょうが、あとはどう、日本が対応...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-09-15 21:15:03

この回答の満足度 ★★★★★
全くふざけた話しです。ご都合主義もいい加減にしてもらいたい物...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-09-12 01:11:10

この回答の満足度 ★★★★★
まさか!平昌オリンピックの公式ポスターでは世界地図から日...詳細

回答者:名無し
回答日時:2013-09-11 05:17:07

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ