Sooda!
 閲覧数:119
東電と政府は相変わらず馬鹿なことをしているのですか。冷凍機を投入して凍土の壁をつくのはお馬鹿な発想ですか。

福一の正しい事故対策
2013-08-11 10:01:42 | 原発事故対策


東電と政府は相変わらず馬鹿なことをしている。余りにも物を考える力が無い。これが日本の科学技術の現状。

1.そもそも日本ならば大量の雨水が地下水脈を作ることは明らか。また海岸近くならば、海水が地下に浸透し、海岸で井戸を掘れば塩水が出る。これらはいずれも常識。今更わかった事ではない。従って大昔から放射能は海に流出している。井戸を掘ることにより汚染水が地上に出やすくなった考える方が良いだろう。

2.地下水が格納容器に流入するということはかなり大きな穴が開いているという事だ。300tという量から考えて相当大きな穴である。穴が開いているというよりは、既にほとんどがメルトスルーしていると考えるのが常識だろう。東電には殆ど常識を持った人間がいない。思考力が停止している。

3.冷凍機を投入して凍土の壁をつくり地下水の流入を止めると言っている。どこの馬鹿が言い出したのか知らないが、どれほど電力が必要か試算したのならばそれを示せ。維持できるわけが無い。これはシミュレーションでわかることだ。提案者には工学のセンスが無い。目新しければ良いというわけではない。

4.それをやる前にまず井戸を山側に掘って流入する水を海へバイパスせよ。

5.核燃料の位置がどこに有るかを計測せよ。X線カメラは既に開発されている。

6.メルトスルーしていても居なくても、格納容器にある燃料の冷却は直ぐに止めよ。積極的にメルトスルーをさせよ。地下深くにメルトスルーさせればより安全である。さらに鉛を投入せよ。鉛は融解して燃料を包むだろう。燃料を包めば地下水を隔絶するであろうから、放射能汚染水は作られないだろう。

以上は実に常識的な結論である。何故この程度の常識が日本人にはわからないのだろう。日本の科学者はごく狭い領域の事しかわからない専門バカと言ってい良いだろう。まず自然界の常識を理解せよ。プライドを捨てて外部の声を聞け。


http://blog.goo.ne.jp/minnkannjikosyuusokuiinnkai

質問者:匿名
質問日時:2013-09-16 00:53:39
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
誰も責任を取りたくないだけです。そして、責任の取りようがないのです。

人類の現在の知恵では、この「核」をどうにも処理できないのではないでしょうか。

それを「安心・安全・廉価」といい続けてきた者達にどうすることも出来ないとは、これが悲しい現実だと思います。

回答者:あまのじゃく
回答日時:2013-09-16 12:02:09

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
凍土の壁なんてお粗末な発想ですし専門家も警鐘を鳴らしています...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-09-22 23:33:06

この回答の満足度 ★★★★★
どうなるのでしょうかね。誰の案で決定したのか分かりませんが解...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-09-16 02:29:04

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ