Sooda!
 閲覧数:536
「胃ろう」を拒みたいのですが、素人なので何も解りません。
死ぬまで「点滴」も可愛そうだと思います。
「胃ろう」を選ぶべきでしょうか?

酸素吸入されている状態は、もう近いのでしょうか?
86歳で肺炎で入院しておられます。
===補足===
食べられないので点滴で生きてます。

老衰で逝くと思っていたのですが、腰痛手術後の定期健診で肺炎と診断され即入院しました。

「胃ろうは悲惨」的なテレビ番組を昔、観ましたので家族全員が反対しています。
「胃ろう」に偏見があるのです。

老衰死を望んでいたので・・・どうしたらよいのでしょう。
みんなへのお礼
回答ありがとうございました。

意識がはっきりしているので、「恐い」と言います。死の恐怖が、きついようです。
ポックリ、眠るように逝きたかったのに、死刑囚のように毎日おびえて生きているのはさぞかし辛いだろうなと思います。

これからの時代は、みんな、こういう逝き方をするのかと思うと恐くなりました。

質問者:匿名
質問日時:2013-09-16 15:04:48
カテゴリ:美容・健康>健康管理>病気・症状

ベスト回答
母は94歳で亡くなりましたが、末期は点滴で生き延びていました。
先生からどちらにしますかと相談されましたが、胃ろうはお断りしました。

病院に行くたびにほかの病室の方のが見えていましたが、胸が痛むような光景でした。
どちらもかわいそうな状況になりますが、尊厳を選ぶのであれば点滴にしたほうが。

回答者:とくめい
回答日時:2013-09-23 10:32:07

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
ご本人が老衰死を望んでおられたのであれば、ご本人の意思を尊重...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-09-19 12:39:59

この回答の満足度 ★★★★★
肺炎で入院中とのことですがそれだけでは状況も分かりません。口...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-09-16 15:23:58

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ