Sooda!
 閲覧数:128
安倍君が、現在の半値近くでガスを輸入しはじめるようです。吉報でしょうか。

カナダ産シェールガス輸入、日加首脳が合意へ

安倍首相がカナダで24日、ハーパー首相と首脳会談を行い、
カナダ産シェールガスの日本への輸出について合意することが分かった。

2019年の輸出開始を目指す。日本がシェールガスを輸入するのは、
17年にも始まる米国産に続き2か国目となる。ガス調達先を増やすことで、
輸入価格を引き下げる効果が期待できる。

協議がまとまれば、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)や
日本の国際協力銀行(JBIC)が、日本企業が参加するガス開発プロジェクトを対象に、
低利貸し付けなど支援する。カナダ国内には複数の開発プロジェクトがあり、
協議では、支援対象の優先順位も決めていく。

米政府はこれまでに2件の米国産LNGの輸出を許可し、日本は年間最大670万トンの
輸入を見込んでいる。カナダからは最大4000万トンを目指す。日本のLNG年間輸入量
(12年)は8731万トン。LNG価格は、米国産が100万BTU(英国式熱量単位)当たり
約10ドルだが、カナダ産LNGは、パナマ運河を経由する米国産より短距離で運べるため、
輸送費が米国産より100万BTU当たり1〜2ドル安くなるとみられている。

日本がカタールなどから輸入しているLNG価格(約17ドル)の半額程度で輸入できる
可能性もある。

日本は11年の東京電力福島第一原発事故を受け、カタールなどからの天然ガス輸入を
急増させた。輸入契約は、原発再稼働を見込んでいたため、3年程度の短期契約が
ほとんどで、来年にも契約の更新を迎える。カナダ産ガスの確保に道筋が付けば、
カタールなどとの価格交渉で優位に立つことも期待できそうだ。

一方、カナダは世界第5位のシェールガス埋蔵量を持つが、輸出はパイプラインを通じて
米国のみに行っている。米国より高値での買い取りが見込めるアジアに販路を広げたい
考えで、日本と思惑が一致した。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130921-OYT1T01290.htm

質問者:匿名
質問日時:2013-09-22 13:54:29
カテゴリ:ニュース・時事>経済

ベスト回答
吉報ですね。
日本はエネルギー資源を原子力から何に転嫁するか重要な問題を抱えて
います。
当然、安いエネルギー資源を求めないと輸出産業の競争力は低下する
でしょうし、現状の貿易収支を見てもエネルギー資源の輸入コストが
膨らみ日本経済の将来に不安を感じます。
カナダ産シェールガスの強みは、太平洋岸から積み出しができること
だと思います。
中東依存からロシア、アメリカ、カナダと輸入先を多角化し、コスト
競走に持ち込み、安定供給先を多く持つことは大変有利になると考え
ます。
===補足===
遅くなりましたが、ベスト回答有難うございます。

回答者:頑張れニッポン
回答日時:2013-09-25 16:47:10

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/9件中
吉報です。安くなる可能性が出ます。詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-09-26 01:40:53

この回答の満足度 ★★★★★
吉報ですね。いろんな新しい事に挑戦してほしいですね。詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-09-24 01:18:23

この回答の満足度 ★★★★★
吉報ですな中国、ロシアでもなく米国でもなくってとこで詳細

回答者:左のツバサ
回答日時:2013-09-23 11:16:36

この回答の満足度 ★★★★★
吉報だと思いますよ。光熱費の値上げがしにくくなると思います。詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-09-23 02:24:46

この回答の満足度 ★★★★★
吉報だと思いますね。調達価格が下がれば東電みたいに値上げする...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-09-22 20:59:18

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ