Sooda!
 閲覧数:496
JR北海道と東電ではどちらがブラック企業でしょうか。
JR北海道は火事になったり前々から変な会社だとわかっていたことなのでは? 今更・・・。

質問者:匿名
質問日時:2013-09-25 21:59:20
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
人の命を預かっているという意味では同じだとは思いますが、内容は違うのではないかと思います。

JR北海道の場合は「無理な民営化」のつけだと思います。当初から「北海道」と「四国」は大変だろうといわれていたものを、ただ目的のために民営化してしまったと思います。

せめて命に直結する「保線業務」だけは「オールJR」として独立した会社にして、JR6社の業績按分で費用負担して保全に万全を期すことなど、命を預かる業務として当然だと思います。今からでも遅くない、「保線業務の独立」を即推進すべきと思います。

一方、東電の方は、最初から問題が発生したら処理できない危険物件を取扱っているいることはわかりきっていたものを、政治の圧力もあって国民をだまして推進してきただけのものではないでしょうか。

多くの費用負担を仕組みの中で全部国民に押し付け、政治献金や、独占企業の特権を長期間にわたりうけてきた体制が、一昨年の災害で全部表面化してきたもので、責任はお互いになすりつけているだけで、とても解決の見通しは立っていないと思います。

今後の収拾策を考えると、どうやら「東電」の方が始末が悪いと思います。

回答者:あまのじゃく
回答日時:2013-09-26 09:27:24

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜3件/3件中
どちらもブラック。今は東電が目立ってる。詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-09-27 21:27:06

この回答の満足度 ★★★★★
どちらもブラックです。モラルがない人間が会社を経営していて...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-09-26 11:24:15

この回答の満足度 ★★★★★
どちらも酷い。安全管理に対する杜撰さに飽きれてしまいますね。...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-09-26 01:10:48

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ