Sooda!
 閲覧数:45
ただの怠け癖なのか解かりません。人生で他に選択肢がなくて自分の意思に少し反した決断をしました。出来れば年とった親のそばを離れたくなかったし、離れてもせいぜいアメリカ位でいたかったのですが、再婚した相手が英語圏でない人でしかも相手の国に住むには現地語マスタ−が国で義務ずけられています。年齢的にもゼロから初めて自分に出来るかとか、少しいただけでも相手の国の食べものにあきてしまうし、旦那がどんな楽しいことをしてくれても心から楽しめないし、軽いうつにかかってしまったのか、それともあと少しで一時日本に帰るからそしたらこの気持ちはおさまるのだろうかとか色々考えてしまいます。みんな人生がんばって生きているのだからと、自分に言い聞かせるのですが気持ちが落ち込みます。病院に行ったほうがいいですか?

質問者:泣き虫
質問日時:2013-12-03 18:40:51
カテゴリ:美容・健康>健康管理>病気・症状

ベスト回答
異国の地で暮らすという事は不安で仕方がない事ですよ。
仮に日本で暮らしていたからといって幸せになっていたかどうかだって分らないものです。
でも自分で選んだ道なのですから自信を持って突き進みましょう。
一生懸命やった結果、言語がマスターできなかったらその時考えればよいのです。
幸いにしてあなたを楽しませてくれる素敵な旦那さんが居るではないですか。
その旦那さんと力をあわせればきっと解決できない事なんてないですよ。
病院になんて行く必要ないですよ。あなたは病気なんかではないですから。
ただちょっと石につまずいただけです。

回答者:匿名
回答日時:2013-12-10 01:20:22

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
ご回答ありがとうございました。匿名さんのお言葉を励みにしてこれからの人生頑張っていこうと思います。匿名さんもお体に気おつけて日々頑張ってください。

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
まあ、相手の方としっかり話し合いましょう詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-12-08 15:48:39

この回答の満足度 ★★★★★
環境の変化で気持ちが沈むのはよくあることです。ただずっと続い...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-12-03 22:12:35

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ