Sooda!
 閲覧数:165
高齢化社会を肌で実感られるようになってきた昨今。人間と同様、ペットの高齢化も顕著になってきました。犬の平均余命も20年前は平均9歳だったのが、今では平均14歳まで延びました。これは動物年齢的に言うと「超々」高齢化に当たります。最近では老犬専用のホームもあるみたいです。江戸時代の文献にもあるよう愛玩動物をこよなく愛してきた日本人の特性も、長寿化した影響かもしれません。

となると、ペットの寿命は今後さらに20、30歳とのびる可能性があるのでしょうか?

質問者:猫田犬之助
質問日時:2013-12-15 18:36:07
カテゴリ:暮らし>ペット>犬・猫

ベスト回答
ないと思います。生物学的な限界があるはずです。

回答者:匿名希望
回答日時:2013-12-16 00:41:26

この回答の満足度 ★★☆☆☆

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
犬猫の完全室内飼育への切り替えが進んだり(他の犬猫から病気を...詳細

回答者:Tatchy
回答日時:2013-12-18 10:01:05

この回答の満足度 ★★★★★
いやあ、人間と同様に限界はありますよ詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-12-15 18:53:12

この回答の満足度 ★★☆☆☆
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ