Sooda!
 閲覧数:127
某有名女優の整形加工前の本当顔がハッキリ判る企業テレカを中国等に売りたいと考えています。

警察ドラマ専門の人や伝統芸能の名門家の娘です。

丸山和也参議院議員や日本郵政の為に、換金せざるを得ない事になりました。

対日攻撃の材料として活かされる事を願います。

韓国や北朝鮮と違い、理性的な中国に売りたいが、韓国や北朝鮮でも構いません。

他の多数の顔面偽装詐欺師女優の証拠品-情報も売りたいが、換金可能なのは、現物取引だけなんですよね。

米国大使館の同意を得た情報、証拠品も有り、対米の材料化し得る筈。例えば、Apple社に関わる知財紛争等。

何処に連絡すれば良いと思いますか?

不正な取引ではないので、大使館や銀行(中国銀行等)を考えていますが、それで宜しいのでしょうか?

対日政策の様々な場面で、有利に使えます。
日本人は、「アノ人は清楚な天然美人」と信じて疑わない女優の秘密は、社会の信頼感を喪失させられますからね。

質問者:Matsu Tabacco
質問日時:2013-12-22 14:57:58
カテゴリ:ニュース・時事>国際


↓↓現在集まっている回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ