Sooda!
 閲覧数:157
道路交通法第65条(酒気帯び運転等の禁止)の第4項には
「何人も、車両(トロリーバス及び旅客自動車運送事業の用に供する自動車で当該業務に従事中のものその他の政令で定める自動車を除く。以下この項、第117条の2の2第6号及び第117条の3の2第3号において同じ。)の運転者が酒気を帯びていることを知りながら、当該運転者に対し、当該車両を運転して自己を運送することを要求し、又は依頼して、当該運転者が第1項の規定に違反して運転する車両に同乗してはならない。」
とありますが、「トロリーバス及び旅客自動車運送事業の用に供する自動車で当該業務に従事中のものその他の政令で定める自動車を除く」のは何故ですか?不特定多数の乗客を乗せるこれらの乗り物はより一層強い規制があるからでしょうか?お教えください。

質問者:masyu
質問日時:2014-01-14 14:29:39
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>政治・法律・行政


↓↓現在集まっている回答 1〜2件/2件中
>ただ、本条は「運転者が酒気を帯びていることを知りながら」と...詳細

回答者:匿名
回答日時:2014-01-15 20:28:34

この回答の満足度 ★☆☆☆☆
トロリーバス及び旅客自動車運送事業の用に供する自動車の乗客...詳細

回答者:匿名
回答日時:2014-01-14 18:12:06

この回答の満足度 ★★★☆☆
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ