Sooda!
 閲覧数:104
日本では、子供の教育費が高額になりやすいことが、ときに問題視されることがあると思います。

義務教育を受けさせるにあたって、教科書や学用品などにお金がかかるというのであれば、教育費が「かかる」という表現がピッタリだと思います。

しかし日本の場合、そうではなくて、塾や習い事の費用だったり、大学への進学費用だったりを考慮して教育費が「かかる」と言っている場合が多くて、この場合は、「(意図的に)かけている」というべきではないでしょうか?

こういった選択肢があって意図的に「かけている」教育費が、日本においては高額になっている傾向があるからといって,問題視されるべき事柄なのでしょうか?

質問者:匿名希望
質問日時:2014-03-11 14:04:48
カテゴリ:ニュース・時事>社会


↓↓現在集まっている回答 1〜5件/5件中
問題視されるべき事ではないですね。意図的に塾に通わせているの...詳細

回答者:匿名
回答日時:2014-03-18 00:45:29

この回答の満足度 未設定
教育 ではなく 学歴取得に・・・現状は 大学出て ラインに入...詳細

回答者:kingofitou
回答日時:2014-03-12 23:36:44

この回答の満足度 未設定
教育スパイラルというものから抜け出すために親は必死なのです...詳細

回答者:匿名
回答日時:2014-03-12 10:10:50

この回答の満足度 未設定
確かにおっしゃる通りだと思います。ただ塾に通えたり、いい大学...詳細

回答者:匿名
回答日時:2014-03-11 23:17:16

この回答の満足度 未設定
教育費が家計の負担になり過ぎて大変だからです。教育費の負担が...詳細

回答者:匿名
回答日時:2014-03-11 22:37:24

この回答の満足度 未設定
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ