Sooda!
 閲覧数:329
最強に怖いホラー小説を教えてください。おしっこちびりそう、夜中トイレに行くのが怖いようなのがいいです。できれば文庫化されてるのがいいです。有名どころは知ってます。(黒い家、リングなど)

質問者:たぬっぴ
質問日時:2014-04-03 13:57:15
カテゴリ:趣味・エンターテイメント>本・雑誌・コミック>書籍

ベスト回答
クライヴ・バーカーの「血の本」シリーズ(全6巻 集英社文庫刊)。
自身の小説を監督した「ヘルレイザー」で知られるクライヴ・バーカーのデビュー作(短編集)です。
人の死ぬ描写が相当激しくて、相当血まみれなのですが、ただそれだけの作品という訳ではありません。
いにしえより闇に住まう者達、その世界観がとても恐ろしく、また、イマジネーション豊かに描かれています。

「ミッドナイト・ミート・トレイン」−第一巻「ミッドナイト・ミートトレイン」より
ニューヨークの地下鉄車内で起こる、奇怪な連続殺人。
被害者は、全裸で逆さ吊りにされ、全身の毛を剃られ、血を抜かれる。
会社員のカウフマンは、殺人鬼と対峙し、戦わなければならなくなる。
しかし、それは、更なる地獄への入り口に過ぎなかった。

さすがの表題作、しょっぱなからぶっ飛ばしてくれます。
個人的には、同じく第一巻の「丘に、町が」がお気に入りです。
あまり怖くはないんですが、発想がモノスゴイ。
ちなみに、このシリーズは世界幻想文学賞と英国幻想文学賞を受賞しています。


おまけ
綾辻行人の「殺人鬼」シリーズ(新潮文庫刊)。
「おまけ」なのは、ちゃんと中身を読んでいないからです。
本屋でパラパラと読んでみて、あまりに残虐で、そのまま本棚に戻したので。
とりあえず、殺人鬼に何人もの人が殺されるという話です。

回答者:トーマ
回答日時:2014-04-03 22:03:14

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ