Sooda!
 閲覧数:532
手錠の色はいつごろから、シルバーからブラックに変わったのでしょうか?その理由とシルバーの手錠とブラックの手錠の違いを教えて下さい。
みんなへのお礼
回答、有難うございます。

質問者:こうちゃん
質問日時:2014-06-04 05:47:19
カテゴリ:暮らし>法律・消費者問題>法律相談

ベスト回答
1994年に警察の制服が変更されると同時に、手錠などの装備品も順次変更されていきました。
シルバーの手錠は旧式の鋼鉄製でサビ防止に表面をメッキ処理された物で、現在のブラックの手錠は軽量のアルミ合金で、手錠の色がブラックな理由は、アルミ合金は長期間使用・放置すると変形・表面変色・劣化・腐食などするため、警察の手錠は官給品で長期間使用するので、手錠の製造工程で強化や劣化などの加工・防止・処理などをする時にアルミ合金の表面が褐色や黒色に変色しますので、警察が使用しているアルミ合金の手錠の色がブラックなのは、その製造工程によるものです。
警察官の手錠が鋼鉄製からアルミ合金に変更したのは、警官は手錠の他に拳銃・無線機・警棒などを装備するため、フル装備だと重く腰痛を患う警官が多かったので、装備の軽量化を図るために変更されました。
ちなみに、鋼鉄と違いアルミ合金は市販のペンチや金ノコで容易に切断可能なので、逮捕しても逃走する可能性がある凶悪犯・外国人犯罪者や逮捕状の執行による通常逮捕に行く場合などには、現在も鋼鉄製のシルバー手錠が使用されております。

回答者:匿名
回答日時:2014-06-05 16:53:27

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
詳しい回答、有難うございました。

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ