Sooda!
 閲覧数:317
ドライブレコーダーについて分からなくなりました。

先日車の調子が悪くなり修理などの見積もりをしたところ、このまま乗り続けるより新しく車を購入した方がまだマシな状態であることがわかりました。そんなにお金がないので何年も大切に大切に乗ってきた車なのですが、燃費や収納能力をはじめ時代にそぐわなくなってきてしまったのでとうとう乗り換えることを決意しました。

仕方なく車屋で色々新車を見ていたところ、従業員の方に話しかけられ色々と説明をうけました。その際、「今の時代ならドライブレコーダーなどをとりつけることを前提に車を選んだ方がいい」という意見を聞きました。「事故などの際に相手の過失などを証明できる」「先日の千葉県の事件のように偶然居合わせた事件を録画していれば社会貢献も可能」などスラスラと言われました。

前者は確かに魅力的です。保険料などを考えても事前の防止というのはよく分かります。ただ後者についてはよく分からないのです。私の感覚ではドライブレコーダーは事故などの衝撃などがあった時に自動的に前後の動画を残しておいてくれる機械という感覚でした。しかし後者においてよく考えると「あれは確か事故ではなくクラクションを鳴らしてとまっていたとニュースにあったはず。衝撃がなくても撮影し続けるなら単なる監視カメラ?」と感じてしまったのです。

事故などのハプニングで自動的にその場面だけを録画してくれているだけなら大変便利なのですが、、もし単なる監視カメラなら購入をやめようと思っているのです。なんといいますか、我が家の駐車場に入れるときは家族と一緒に車にいるときなども勝手に録画されてしまうというのはあんまり好きではないのです。実態はドライブレコーダーという名前だけで実際は監視カメラなのでしょうか?

質問者:ドライブレコーダー
質問日時:2014-06-20 20:58:41
カテゴリ:暮らし>家事・住宅>防犯・防災


↓↓現在集まっている回答 1〜1件/1件中
ドライブレコーダーと言っても色々種類があるので機種によ...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2014-06-20 23:34:39

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ