Sooda!
 閲覧数:147
拉致被害者に関するこの北朝鮮のウソを読んで、どんな感想を持ちますか?

◆「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会」サイト要約
http://www.sukuukai.jp/index.php?itemid=1068

平成14(2002)年9月、金正日が拉致を認め謝罪しましたが、そこで新たな2つの大きな嘘をついたのです。第1は「めぐみさんたち8人は死亡」、第2は「拉致被害者は13人しかいない」です。

金正日は「8人」について、平成16(2004)年5月に「再調査」を約束しましたが、出てきたのがめぐみさんのものと称する偽遺骨などで、すべて捏造でした。


◆なぜ生きていると言えるのか

1.遺骨、死亡診断書、死亡台帳、交通事故記録はすべて捏造

2つの根拠があります。まず「8人死亡」の証拠13点全ては捏造でした。「死亡」を日本側に納得させたいのに、証明する客観的証拠を1人分も出せず。

○8人分の死亡診断書コピー8点、横田めぐみさんの死亡台帳1点は、2004年11月の日朝協議で北朝鮮側が捏造を認めた。

○田口八重子さん、松木薫さんの安全部(警察)作成の交通事故記録2点は、現場の写真や被害者名もなく、死亡の根拠にならない。

○横田めぐみさんの火葬した遺骨は、帝京大学の最先端技術による遺骨鑑定で、別人2人分のDNAが検出。松木薫さんの遺骨からも別人4人分のDNAが検出された。

2.生きていることを証明する数々の証言

次に、死亡とされた時期以降に、生存を証明する数々の証言があります。

○1994年に「自殺した」めぐみさんは、1995年に金正日の息子の家庭教師をしていたという確実な証言がある。

※金正日一家の身辺の世話を担当する書記室幹部が韓国当局に証言。この幹部は存在が非公開だが、救う会は複数のルートから同幹部の証言を確認。

○市川さんは1979年に、増元さんは1981年に死亡したとされているが、亡命工作員・安明進氏は市川修一さんと増元るみ子さんを、1992年頃まで何回も金正日政治軍事大学構内で目撃。

○田口八重子さんは1986年に死んだとされているが、安明進氏は1991年に、金正日政治軍事大学の2人の教官から「金賢姫を教えた日本人教官は処罰されずに無事で教官を続けている」と聞いている。

質問者:横田めぐみ
質問日時:2014-06-29 12:13:24
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
韓国も含めて朝鮮人とは国とか関係なくそう言った連中だと最近は理解できる様になってきたので、特に感想はないです。
取りあえずは対等な立場で話をしては行けない、関わらないというのが最善だと思うのですが、拉致被害者の人達はそうも行かないので歯がゆいですね。

回答者:匿名希望
回答日時:2014-06-29 18:17:55

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜1件/1件中
呆れますね。北も南も捏造ばかりして、こんな行為ばかりしている...詳細

回答者:匿名
回答日時:2014-06-29 12:35:23

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ