Sooda!
 閲覧数:271
福島県警警部が自殺した問題で、パワハラ一因と課長が戒告になりました。

http://www.asahi.com/articles/ASG6V5RH9G6VUGTB012.html
2014年6月26日23時15分

福島県警捜査2課の警部(51)と警視(52)が4月末に相次いで自殺した問題で、県警は26日、このうち警部の自殺は清野隆行・捜査2課長(45)のパワハラが一因だったと発表した。県警は清野課長を同日付で戒告の懲戒処分とした。

警部は「仕事に疲れました」という内容の遺書を残し、福島市内の県警施設で自殺した。その後、この警部の名前とともに「最後まで寄り添えなくて申し訳ありませんでした」と、守れなかったことを悔やむ遺書を残し、上司の警視も山形市内で自殺した。

これを受け、県警監察課が捜査2課員らへの聞き取り調査を実施。清野課長は昨年12月ごろ〜今年4月ごろ、執務室で文書の決裁を求める警部に「小学生みたいな文章を作るな」「国語は習ってきたのか」などと責め立てて3〜4回書き直させるなど、人格を否定するような非難を執拗(しつよう)にしていたという。


・・・しかし戒告なんて、要は注意されるだけです。2人の自殺者が出たのに、処分が甘いのではないでしょうか?

質問者:福島 早恵
質問日時:2014-06-30 18:14:25
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
処分が甘すぎますね。
仮に、クビにならなくても、せめて降格・減給・停職・左遷などの処分はすべきだと思います。
ただ、警部・警視の自殺の原因を作った捜査2課長の名前が世に出てしまいましたから、このまま警察にいても出世の見込みもなく、職場内の雰囲気も一変して周囲も捜査2課員に対する見る目・態度も変わり居ずらくなり、さらに自殺した警官の遺族が裁判で訴えるようなことがあれば、ますます捜査2課長の立場は悪くなるで、依願退職する可能性はあると思います。

回答者:匿名
回答日時:2014-06-30 19:28:48

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ