Sooda!
 閲覧数:499
高校野球の決勝戦で、9回0―8から逆転サヨナラ勝ちという奇跡が起きました。

皆さんはこれを、どのように感じますか?

★星稜 9回0―8から世紀の逆転サヨナラ!OB松井氏も感慨
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/07/28/kiji/K20140728008642260.html?feature=related
[ スポニチ 2014年7月28日 05:30 ]

石川大会決勝 星稜9―8小松大谷 (7月27日 石川県立)

ゴジラもびっくり、世紀の大逆転だ。第96回全国高校野球選手権大会(8月9日から15日間、甲子園)の地方大会は27日、11大会で代表校が決まった。

石川大会決勝では星稜が9回に8点差を逆転し、小松大谷に9―8でサヨナラ勝ち。2年連続17度目の出場を決めた。群馬大会では3投手の継投によるノーヒットノーランで高崎健康福祉大高崎が、新潟大会でも日本文理が9回に逆転3ランでサヨナラ勝利するなど、各地の決勝戦で劇的な決着が相次いだ。

28日は西東京、奈良など6大会で代表校が決まる。

うれし涙で、スコアボードに刻まれた「9」の表示がにじんだ。逆境ナインによる「神試合」。試合を決めた佐竹は「訳が分からなかった」と言った。

9回、8点差を追いつき、なお2死一、三塁。快音を発して舞い上がった打球は、左翼手の頭上を越えた。

打者一巡の攻撃をするぞ――。9回裏を前に星稜ベンチで、林和成監督は選手にそう言葉を掛けた。「冗談半分で…。(小松大谷のエース)山下投手の素晴らしい投球に手が出なかったので、私が選手以上に早く諦めていた」。

無理もない。8回まで散発2安打の無得点で、スコアは0―8。先頭打者には村中主将を代打に送った。3年生には、せめていい形で高校野球を終わらせてやりたいという親心だった。

その村中が四球を選び、ドラマの幕が開く。続く代打・今村も3年生。右中間への三塁打で最初の1点が入った。さらに2本の適時打で点差を縮め、エースの岩下に打席が回った。

3回6失点で降板していた最速145キロのプロ注目右腕は、再登板した9回に3者連続奪三振。意地の続きは、こん身のスイングで左翼場外へ運んだ2ランだった。

6―8。終わらない。終わらせない。「スタンドが最高の声援をしてくれたので、選手全員必死でやった」と村中。

1死一、三塁から、指揮官の「打者一巡」を現実にした10人目の打者として遊ゴロで7点目を返した。今村が四球でつなぎ、村上の中前適時打でついに、ついに追いついた。

13人の猛攻を見届けた林監督は「言葉にならない。まさかまさか…。まだ実感が湧かない」と興奮を隠さなかった。

小松大谷は、昨秋県大会準々決勝で延長12回にサヨナラ負けしてセンバツ出場の道を断たれた相手。宿敵が相手だったから、今度も最後の一滴まで力を振り絞れた。

星稜といえば79年の箕島(和歌山)との延長18回の死闘、92年の明徳義塾(高知)戦での松井秀喜の5打席連続敬遠…。夏の甲子園で演じた名場面は枚挙にいとまがない。

その松井氏は「最後まで諦めなかった選手たちが素晴らしい。甲子園でも石川県代表として頑張ってください」とコメントを寄せた。地方大会の新伝説をつくった今年のナインが、次に見据えるのは98年を最後に遠ざかる全国1勝。

奇跡の導火線となった村中主将は「僕らは日本一を目指してやってきたので、甲子園でまた校歌を歌います」と力強かった。

▼星稜・岩下(再登板の)9回は“よし、やるぞ"という気持ち。甲子園では立ち上がりからしっかり投げて、チームに流れを引き寄せたい。

▼楽天・島内(07年度卒)何が起きたんですかね。0―8まではチェックして“終わった"と思ったので、先輩から“凄いな"と言われるまで知りませんでした。この勢いで甲子園でも頑張ってほしい。

質問者:林 直明
質問日時:2014-07-30 17:16:44
カテゴリ:趣味・エンターテイメント>スポーツ・アウトドア>野球

ベスト回答
0-8からの逆転勝利はすごいですね。たまにこういう試合を見たことがあります。'98年松坂のときの横浜が準々決勝で明徳義塾に0-6から9回逆転勝ちがありました。昭和53年西田投手擁するPL学園も準決勝・決勝で9回土壇場で逆転し、全国制覇したことがあります。

松井秀喜さんら偉大な先輩方の思いも受け継いで試合に臨んだ結果かもしれません。伝統校・強豪校は時々、最後の最後で開き直り、諦めず底力を出すことがあるようですね。相手も勝利を目前にしての油断なのか、あるいは初めての甲子園の切符を目の前にして浮き足立ったのかもしれません。きっと、2点3点と加点していくうちに流れが止まらなくなり、絶対に逆転してやるという気持ちになったのだと思います。

地方大会は準決勝まではコールドゲームがあるようですが、もしこの試合が準決勝以前であれば小松大谷の勝利ということになりますが、まあそれぞれの試合のルールに則ってやっているので仕方ないですね。

このことは全国に知られているので、甲子園では星陵は警戒されるでしょう。注目しています。
===補足===
終盤の大逆転劇結構あるようです。

http://www.fanxfan.jp/bb/gyakuten.html

回答者:はな
回答日時:2014-07-30 19:22:53

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/6件中
最後まで諦めない強い精神力が生んだ奇跡でした。非常に感動しま...詳細

回答者:匿名
回答日時:2014-08-06 00:41:19

この回答の満足度 ★★★★★
これこそタイムアップでは終わらないスポーツの面白さですね...詳細

回答者:匿名
回答日時:2014-08-03 00:46:07

この回答の満足度 ★★★★★
ありえないような出来事ですが、暑い中選手もアクシデントがあ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2014-07-31 23:53:05

この回答の満足度 ★★★★★
油断では?プロでも サヨナラではありませんが 阪神戦でその...詳細

回答者:kingofitou
回答日時:2014-07-30 18:28:53

この回答の満足度 ★★★★★
高校野球は時として、ありえないようなことが起こりますね。驚き...詳細

回答者:マルサン
回答日時:2014-07-30 17:34:53

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ