Sooda!
 閲覧数:8838
末期癌からの腹水治療について

はじめまして。78歳の祖母が、膵臓癌から肝臓・ 胃に癌が転移し、腹水が溜まっています。

病院では、利尿剤、アルブミン、腹水穿刺で治療をしていま すが、すぐに腹水が溜まり本当に困っております。腹水の影響で、食事もほとんどとることができません。

本当に末期の状態ですが、少しでも腹水を楽にできる方法などがあれば教えてください。

とても急いでおります。できるだけ早く回答していただけると助かります。

宜しくお願いします。

質問者:カズヤ
質問日時:2014-09-11 13:49:20
カテゴリ:美容・健康>身体の悩み>全般

ベスト回答
医療関係者です。

【膵臓がん、癌性腹膜炎、腹膜播種】や【肝硬変・肝臓癌】によって起こる腹水では、すべての方に『血液の循環障害』が生じています。特に腎臓・肝臓などの血液の循環障害が過度に進んでいて、身体全体の血液循環障害が起こることで、腹水だけでなく胸水や足全体に浮腫みが発症します。

腹水は、利尿剤や、腹水穿刺で一時的に軽減したとしても、溜まるという根本の原因が抑制・軽減・改善できない限り、再貯留を何度も繰り返します。

特に、利尿剤は、効力としては高く即効性もあるのですが、使い続けていれば効力が薄れ、腎臓に大きな負担がかかったり、血液中に脱水が生じる場合もあります。

腹水穿刺で腹水を抜けば、一時的には楽にはなるのですが、栄養状態が悪化し、血圧が一気に下がるというデメリットもありますので、抜き過ぎには注意が必要です。

腹水の際、代替医療では、温熱療法、漢方薬、フコイダン、紅豆杉などで治療を行っている方も数多くいらっしゃいます。

その中でも、温熱療法、漢方薬につきましては、病院の治療・対策では手が届いていない部分に作用する治療と言われています。

■自宅でできる温熱療法(温熱シート)
http://fanblogs.jp/koadansu/

■腹水の漢方や原因について詳しく纏められています
http://yaplog.jp/fukusui/

温熱療法、漢方対策により身体全体の血液の循環障害を改善することで、腹水が腹部に溜まりにくくし、移動しやすくなり、さらに肝臓内の血流が向上することにより「水分の漏出」「貯留」を防いでいくということです。

その他にも、腹水は栄養状態を高めることも重要です。→の部分も漢方が栄養状態を高める作用もあるようです。
(上記の治療や対策で、すべての方に良い結果が出るということではありません。)

少しでもご参考になればと思います。
お大事にされてください。

回答者:宮本
回答日時:2014-09-11 15:02:06

この回答の満足度 未設定
お礼コメント
早速ありがとうございます。そして、詳しく回答していただきありがとうがざいます。早速、遠赤外線鉱石温熱シートと漢方薬を試してみます。本当にありがとうがざいました。

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ