Sooda!
 閲覧数:238
デング熱に感染した紗綾さんがデング熱の感染者リストに載っていないという記事を見ました。
映像を見るとあっけらかんとしています。紗綾さん自身が死ぬ可能性があるというのにです。
また、代々木公園に住んでいる浮浪者の方々も感染していないようです。

駆除作業を行い、メディアも盛大に取り上げてます。

会見の中で、浮浪者に感染していないという現実と紗綾さんの記者会見のあの対応というのは、
やっぱりワクチン予算を広げるためのプロパガンダだったのでしょうか。

また、デング熱の話題が広がるまでの数日間は意図的とも言える程対応が遅かった。

さらに代々木公園から数分間でいけるサ●フィーという製薬会社で、数日後にはデング熱ワクチンの臨床効果の発表がありました。

この感染騒動によって9月23日に開催される大規模な反原発デモ集会が中止

これらを見てみて、これって情報操作によって民衆の反原発活動や、政治・政策活動費の増幅にしか思えないのですが本当のところはどうなのでしょうか。

関連記事
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/1-4c32.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140914-00000085-san-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140903-00000164-jij-eurp
http://matome.naver.jp/odai/2139071603169248301

動画
http://youtu.be/RxZoPw3MZFo

質問者:鳩仙人
質問日時:2014-09-17 12:53:46
カテゴリ:ニュース・時事>政治


↓↓現在集まっている回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ