Sooda!
 閲覧数:288
高校の数学の問題です。
[△ABCにおいて、b=3,c=3√3,B=30°のとき、残りの辺の長さと角の大きさを求めよ]という問題なのですが、Cを求めるのにさっそくつまづき、答えが合いません…
Cだけで良いので、求める計算の過程を記していただけないでしょうか。お願いします。

質問者:なお
質問日時:2014-09-20 22:59:50
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>数学・サイエンス

ベスト回答
正弦定理(a/sinA=b/sinB=c/sinC=2R ただしR は△ABC の外接円の半径)を使って計算すれば答えは出るけれどそれではつまらないので、、、

b:c=3:3√3=1:√3 ∠B=30°ということに着目するとa:b:c=2:1:√3 ∠A=90°の直角三角形であることが必要。この時∠C=60°余弦定理ないし正弦定理に代入すると、この定理を満たすから十分条件を満たす。ゆえに∠C=60°・・・答
テストの答案として書いても得点は来ないでしょうがあしからず。

回答者:みっふぃ
回答日時:2014-09-21 01:22:48

この回答の満足度 ★★★★☆
お礼コメント
別の角度から解答について考えることができました。
ありがとうございました。
そして、いつもお答えくださって感謝しております。

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ