Sooda!
 閲覧数:161
噴火災害についてのコメントらしいです。
意味が良くわからないのですが、「自衛隊」は「集団的自衛権擁立」されても「戦火」どころか「雨風」にすら立ち向かえない、こんな事(ていたらく)では、アメリカ様(が被害を受けた時)に顔向け出来るのか、、、って事でしょうか。



3日放送のラジオ番組「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ)で、社会評論家の小沢遼子氏が、御嶽山で行方不明者の捜索を中止した自衛隊を非難した。

先月27日、長野県と岐阜県の県境に位置する御嶽山(おんたけさん)が噴火し、これまでに登山者47人の死亡が確認された。3日現在では、約20人の行方不明者がいるとされており、自衛隊が捜索を行う予定だったが、雨の影響で中止となった。江渡聡徳防衛相は3日午前の会見で「特に雨がきついので、土砂崩れなどが起こったりして2次災害がないことを祈っている」と理由を述べている。

そうした状況の中、小沢氏は「今日も中止しているでしょ?危ないとかって言うんで。自衛隊の人達が一生懸命やってくださっている。だけど度々中断しているじゃない。『あ、やっぱり日本は自衛隊なんだ』って思いましたよ」と、話し始めた。

森本が「どういう意味ですか?」と訊ねると、小沢氏は「これはイスラム国に行って、いつ爆弾が飛んでくるかわからないところに人助けに行けるようなあれじゃないと。だからきっと安倍さんも見ていてね、国会で集団自衛権の問題は言わないじゃないですか。あれは無理でしょう」と、集団的自衛権の問題に絡めた。

続けて小沢氏は「アメリカの潜水艦がやられているところに突っ込みます?上から石が落ちてくるかもしれない。風が吹いてくるかもしれない。毒ガスの臭いがするかもしれない。それで近づけない軍隊は軍隊じゃないですよ」と、自衛隊の姿勢を痛烈に非難。

さらに小沢氏は「私は安心しました。これは無理だと。むしろ日本でこういうことがあったときに、ガスマスクだとか、ヘルメットだとか。そういうものを持っているレスキュー隊として活動していただくのが自衛のためには一番です」と持論を展開。

森本は「本当にね。ちょっとの風が吹いたり、雨が降るとやめちゃう自衛隊だったら、そりゃ戦時のところには行けないっていう理屈ね」と小沢氏の発言をフォローした。
http://news.livedoor.com/article/detail/9322770/

この社会評論家に「同意」しますか?
元アナウンサーの森本氏に「同意」しますか?

個人的には森本氏にはガッカリしました。

質問者:なんで今、自衛権?
質問日時:2014-10-04 20:38:44
カテゴリ:アンケート


↓↓現在集まっている回答 1〜2件/2件中
_本当の姿を放送すると自衛隊の実力が見えてしまうので、テレヒ...詳細

回答者:putai
回答日時:2014-10-11 20:06:15

この回答の満足度 ★★★★★
早朝3時、富士山の登山シーズン中、自衛隊も登山訓練をしてい...詳細

回答者:団塊
回答日時:2014-10-05 15:13:11

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ