Sooda!
 閲覧数:193
こんにちは。
大学二年生で今海外に語学留学中のものです。

私は、高校は英語の授業が普通科より多い学科で、大学は英米語学科で勉強して来ました。英語が好きで、ネイティブみたいに話せるようになりたいと思い、これまで英語ばかり勉強してきました。(まだまだネイティブのようには話せないのですが、これからも英語の学習は頑張るつもりです。)ですが、逆にいうと、英語以外の学習はあまり力を入れてきませんでしたし、大学に入ってからは英語に関する授業以外ほとんどありません。
今までは好きな英語を勉強できることに満足していました。ですが、今の留学が終わると三年生の後期になり、四年生になれば就活が始まります。
英語ができる、留学経験がある、というのは就活においてアピールポイントとして+αにはなるでしょうが、それだけを武器に、というのは難しいと思います。いまどき英語がそこそこできるのなんて特別でもないでしょうし。

そこで質問なのですが、
大学を出たのに特に何かができるわけでも、特別な知識があるわけでもないというのはやはりまずいのでしょうか? また、今からできることで、就活の時武器にできるものは何なのでしょうか?(資格とか?)

補足
私の今の英語力はTOEIC(ITP?)で760点です。
外国語大学で勉強中ですが、大学の知名度は低く、就活で武器になるとは思えません。

質問者:凜
質問日時:2014-11-02 13:43:58
カテゴリ:仕事・キャリア>就職・転職

ベスト回答
大学を出た学生達の殆どが特別な武器なんて持っていないですよ。
資格を持っているからそれが武器と考えるのは浅いです。
企業はそんなもの最初から期待していません。何故この会社に入りたいのか、
この会社でなければならない理由、この会社でどう貢献できるか
そういったことが明確に出来る生徒を求めています。酷な事を言えば新入社員を即戦力とは
考えていないのです。むしろ近い将来成長してくれる学生を求めているのです。

どんな企業に就職したいのかは分かりませんが
留学であなたは語学以外に何を得ましたか? 得たものが必ずあるはずです。
それが留学した人でしか持って居ない他の人にはない、あなたの言う武器ですよ。

回答者:人事部
回答日時:2014-11-09 00:48:27

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
ご回答ありがとうございます。
資格とか点数とか、目に見えるものに頼りすぎていることに気づきました。
そういったものではなく、私がどういう人間なのか、どれだけやる気があるのかといったことの方が大切なのですね。
漠然と就活に不安を抱いてただただ焦っていたのですが、これからは、自分が仕事で何をやりたいのか、どんな会社に入りたいのか、明確な目標を見つけることから始めようと思います。
また、留学で語学以外にも何かを得られるよう、残りの留学生活を充実させようと思います!
とても参考になりました。本当にありがとうございます。

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ