Sooda!
 閲覧数:372
2階建ての戸建ての賃貸を借りて2人で住んでいるものです。
30Aでブレーカーがよく落ちるので、大家に直接40A以上にしたいから
配線の工事をしてほしいとお願いしました。
すると、今はお金がないので半年以上待ってほしいと言われました。
私どもとしては今年の11月で契約更新時期になるので、
更新しないで放置するつもりだと思い、直ぐにでも工事をしてほしいと
再度、お願いしました。
本来ならば、不動産屋を仲介した方が良いとは思うのですが、
こういうお願いは直接してほしい旨の回答があったので直接連絡しました。
実はこの少し前に隣の住民が小便をまき散らしているのを発見し、
念書を書いていただいたのですが、その小便をした壁の向こうは台所で
私たちはそんな状況下の中、1年以上もなにも知らずに生活をしていたのです。
念書を書いていただくときには、大家も不動産屋も同席していただきました。

そのことがあり、屋外カメラを設置したい旨の連絡をしたところ
そのことは良いとおっしゃっていただきましたが、
なにせブレーカーが落ちるほど電力が足りないのにカメラなど
付けられるほど余裕もなく、そこで配線工事をお願いした次第なのです。
こういう場合はどうすればいいでしょうか。
よろしくお願いします。

質問者:ねこたろう
質問日時:2015-03-11 22:26:31
カテゴリ:暮らし>家事・住宅>インテリア・エクステリア・生活雑貨

ベスト回答
30Aから変更したいというのは借主の都合であるので、大家さんの許可を取って、費用は自己負担なのではないでしょうか。
賃貸物件は、基本“有り姿のまま"ですから、大家の承諾を取って、借主さんの負担また、退去時には『原状回復』として、退去する借主さんの負担で元のアンペアに変更の工事をするのだと思いますが。
大家さんが負担してくれるけれど、今はお金がない。というのでしたら、まずは電力会社で見積もりだけとって費用を借り主さんが、肩代わりして後から大家さんから頂けないか相談してみるとか。
ブレーカーの交換だけで済むのならば、東京電力など電力会社によっては費用は掛からないはずですが配線工事が必要なのは確実なのですか?

回答者:匿名
回答日時:2015-03-11 22:53:50

この回答の満足度 ★★★☆☆
お礼コメント
回答ありがとうございます。
原状回復ですか。まぁわからないでもないのですが、
貸している側の誠意も見てみたいです。
貸してやってるんだから文句言うなでは済まされない気がして。
ブレーカーの交換だけではダメなようです。
配線ごとの交換が必要なのだそうです。
一人暮らしならまだしも二人以上の家族向けの賃貸戸建てで
いまどき30Aというのも時代に合ってない気がします。
以前の賃貸ではアパートでさえ40A入ってましたよ。

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ