Sooda!
 閲覧数:502
ふと思いました。
「何事も風化させてはいけない」
よく聞く言葉ですが、
果たしてそれが正しいことと言えるのかどうかと。
今までは正しいこととして普通に思っていましたが
目の前にあるいろんな形の幸せが昔の出来事によって
劣悪な関係になる
という事実も確実にあるのだということをふと思ったのです。


大きすぎる例ですが
違う側面からみると、例えば中国人が昔の出来事を忘れていたら
国益をも揺るがすような現在の状態にはならなかったのではないか。
戦争をしないために、その事実を忘れずにいたいという気持ちも大事ですが
それぞれが今を未来をよいものにしていこうという思いがあれば
自然とそういったことも良くないことだと当たり前に思うでしょうし
普通に「いいことと悪いこと」を理解できれば
風化したっていいこともあるんだよなぁ〜って。

昔の嫌な思いをずーっと誰にも話したくなくて黙っていたけど
無理やりに思い出して伝えていかないと!ってがんばる高齢の被害者の方をみると
どこかもやもやした気持ちになっていた部分がなんだかスーっとしたような気分になりました。

皆さんどう思いますか?

質問者:tokumei
質問日時:2015-05-13 20:02:49
カテゴリ:ニュース・時事>その他

ベスト回答
そうですよね。
嫌な記憶は忘れたほうがいいこともあると思います。
戦争を例えにするなら戦争はこんな悲惨な結果しか生まない。
だから教訓にしようって言う教えならいいけど
恨みつらみは言い伝える必要はないと思います。

回答者:匿名
回答日時:2015-05-13 20:18:10

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜1件/1件中
何事も風化させてはいけない忘れてはいけないという意味よりそこ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2015-05-20 00:45:02

この回答の満足度 ★★★☆☆
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ