Sooda!
 閲覧数:266
質問です。
大阪都構想なのですが、反対派の人が「後2、30年早いと言ったんだ」的な事をいいました。
2、30年と言いますと私達10代がドンピシャで、経済を支える頃合いなんですよ。「大阪の負の遺産、その他問題、俺たち面倒だから、このまま子供に渡すぜ☆頑張れ☆」と言われているような気がしてなりません。
後、反対派運動のチンドン屋、帰れなどの幼稚な発言……私思いました。こんな人達が、私達10代(大阪に限りますが…)の未来を決めたのかと。
都構想を反対するにしても、「このままでも、ここをこうすれば良いんだ。」と言った物もなく、出てくるのはただただ反対と言った言葉ばかりで…なんだか残念でした。
質問の本題なのですが、この選挙は、長期間プロジェクトでした。それもかなり長い。私達10代に直接関わる問題です。この選挙に関して10代が選挙権を持てる可能性はあるでしょうか?

質問者:うーちゃん
質問日時:2015-05-18 23:23:26
カテゴリ:暮らし>法律・消費者問題>法律相談


↓↓現在集まっている回答 1〜4件/4件中
高齢になればなるほど反対の割合が多かったのは負の財産を若者に...詳細

回答者:匿名
回答日時:2015-05-25 00:51:47

この回答の満足度 未設定
今後も10代で選挙権は与えられないでしょう。与えられるとして...詳細

回答者:匿名
回答日時:2015-05-19 15:00:40

この回答の満足度 未設定
老害たちがあなた方の未来を脅かしているという構造ですね。若い...詳細

回答者:匿名
回答日時:2015-05-19 13:13:31

この回答の満足度 未設定
逆にあなたは担いたくないからグダってるようにしか思えん>...詳細

回答者:ぅ
回答日時:2015-05-19 02:05:00

この回答の満足度 未設定
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ