Sooda!
 閲覧数:415
放射線被曝≒活性酸素の害 なぜ活用されないの?

産経新聞の2011年6月29日によると「放射線障害の約8割が活性酸素によるもの」と書かれています。
これを「間接作用」と言い、線量により異なりますが、生体への影響の多くが間接作用によるものなのだそうです。
その為、細胞をダメージから守る為に抗酸化物質の投与が急がれます。
チェルノブイリ原発事故でも、被曝した子供達にαリポ酸を与え、その結果放射線防護に有効である事が証明されました。
富永國比古氏の著書でも、抗酸化のビタミンA,C,Eが放射線の防御に有効である事が述べられています。
現時点で、福島で甲状腺癌が発生した子供の数が103人に達しましたが、日本人はいつまで指を咥えるつもりでしょうか。
抗酸化物質の摂取や免疫への対策を行えば、少なくとも防げた筈です。
先進国であるならば、最悪の事故が防げなくても、チェルノブイリの教訓やこれまでの研究の成果を最大限役立てる為に努力すべきですよね?
子供達の命を守る為の情報が一向に活用されない事に憤りを覚えます。
誰も知恵を出さず、被曝の進行を放置している理由は何なのでしょうか?

質問者:匿名
質問日時:2015-05-19 19:51:55
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害


↓↓現在集まっている回答 1〜3件/3件中
原発推進に、少しでもマイナスとなることは、どんな犠牲があろう...詳細

回答者:団塊
回答日時:2015-05-20 23:40:15

この回答の満足度 未設定
ナニを今さら状態ヨウ素剤投与した方が早いし、既に放射性ヨウ素...詳細

回答者:左のツバサ
回答日時:2015-05-20 02:23:31

この回答の満足度 未設定
難しくて一般人にはわかりません・・・詳細

回答者:toshix
回答日時:2015-05-19 21:19:12

この回答の満足度 ★★★☆☆
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ