Sooda!
 閲覧数:941
パラシュートの開く仕組みどうなってるんですか。 あの横長いパラシュートです、

質問者:パラシュート
質問日時:2015-06-02 19:40:58
カテゴリ:趣味・エンターテイメント>その他

ベスト回答
あんな大きなものは急には開かない、偶然開いても地面に激突寸前。

と言う訳で、最初は決められた一定の高度まで落下すると開閉紐を引き
パロットシュート(小さなパラシュート)を袋から出して開かせ、
キャノピー(大きなメインパラシュート)を引っ張り出して貰い
無事に減速して降下します。

最近は安全装置に高度計が連動して一定高度になると自動的に
パイロットシュートが開く仕組みになっています。
大昔は別にスポーツではなかったのでパイロットシュートの代わりに
飛行機に引っ張り用紐を固定して、飛び出すのと同時にキャノピーが出て来て
即開く様になっていました。

丸いキャノピーも長方形のキャノピーも基本的に同じものです。
長方形の方は、より方向性が制御し易くなっていて
思い通りの地点にピンポイントランディングできます。

この形はまるでグライダーのように自由に旋回したり対空時間も長いので
地上から飛び上がるパラグライダーにも応用されています。
===補足===
通常3,000ft(900m)以上。
これ以上低いと地上に激突する確率が上がる。

回答者:匿名
回答日時:2015-06-03 12:23:22

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
なるほどですか。丁寧にありがとうございます。パロットシュートのタイミングはどのくらいの高度でしょうか?

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ