Sooda!
 閲覧数:484
自己破産に関してご質問させて頂きます。

自己破産とは、必ずしも借金が免除される訳ではないというのは知っているのですが、免除された分というのは、もし国際条約や国内法で何かしらの改定があった場合には、貸し手側が免除された分の請求などは可能になるのでしょうか?
ここ最近、TPPとかのグローバルな国際条約の話題がちらほらと見受けられるので、ふと気になりました。

皆さんの予想や想像や、考えなどでも構いません。
場合によってはアメリカなどの自己破産のシステムがどうであるか、なども踏まえて教えて頂けるとありがたいです。
ご返答頂ければ幸いです。
お待ちしております。

質問者:加藤
質問日時:2015-08-03 08:56:32
カテゴリ:マネー>その他


↓↓現在集まっている回答 1〜2件/2件中
法律が変わっても、自己破産が認められていれば裁判所の決定が覆...詳細

回答者:意図がわからん
回答日時:2015-08-08 09:55:48

この回答の満足度 未設定
「法の改定」を言うならなんでも可能でしょ。法は基本的に過去遡...詳細

回答者:ぅう
回答日時:2015-08-03 14:08:52

この回答の満足度 ★★★★☆
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ