Sooda!
 閲覧数:672
増え続ける生活保護受給者。就労が困難で、生計を立てられる収入や財産がないことが前提で支給されると思いますが、就労ができないのであれば、社会奉仕活動(たとえば公共施設や道路等の美化清掃など)を課したらどうでしょうか?

もちろん重篤な病気等で、こういった活動すら困難な方もいると思います。こちらは制度趣旨からいっても、無条件で支給があっても問題がないと思うので、除外でいいと思います。そうではなく、
たとえば、高齢で就労することが現実的ではないけれど、健康状態は差ほど問題ない場合やそもそも、生活保護を受けたものの、その後、なんとか努力をして、就職、そして自活する意思があるのか、疑わしいような人には、こういった奉仕活動を課すというのも一つの案ではないでしょうか?

質問者:匿名希望
質問日時:2015-10-03 12:51:25
カテゴリ:ニュース・時事>社会


↓↓現在集まっている回答 1〜3件/3件中
生活保護費をもらう代わりに仕事をすることは、そもそも社会奉仕...詳細

回答者:団塊
回答日時:2015-10-06 20:33:54

この回答の満足度 未設定
働けるのに働かない人が受給している場合、罰則を課すのはどうだ...詳細

回答者:wara-b
回答日時:2015-10-03 21:11:46

この回答の満足度 未設定
一々そういう事をして予算配分して近所にこの人は生活保護受給者...詳細

回答者:生活保護受給者は犯罪者ではありません
回答日時:2015-10-03 17:08:13

この回答の満足度 未設定
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ