Sooda!
 閲覧数:254
私は高1の女子です。
生きていたくないです。かといって、死にたいわけでもないのですが、明日にはお前は死んでいるぞ、と言われてもなんとも思いません。
とにかく消えてしまいたいです。

学校でも、登下校の途中でも、家でも、すべての人が私を見てクスクス笑っていたり、悪口を言っていたり、うざいと思っている気がします。
小6の時からそんな気がしていて、元々周りの子と話すことが苦手なので中学では殆ど一人でいました。
声が小さくて滑舌も少し悪くて、どもってしまうこともあるので、話そうとすると聞き返されることが多く、面白い話をすることもできなくて白けさせてしまうことが多いし、話を振られてもどうしたらいいかわからず固まってしまうか、何か言わなければと思って、全く思ってもないことをぽんっと言ってしまう(嘘をついてしまう)かの2パターンになってしまいます。
相槌を打つことも苦手なので話も弾まないし、相手を不快にさせてしまいます。
なので、話そうとすることでどんどん嫌われてしまうんじゃないかと思ってあまり話しかけることが出来ません。皆が話している輪に入るのも怖いです。
中学でそんな状態がずっと続いていて、このままは嫌だ、と思って、少しだけレベルの高い、知っている人が殆どいない遠い高校を受験して、春からそこに通っています。
そこでやり直そうと思っていたのですが、やっぱり話しかけるのが怖くて、私なんかじゃ変わることはできませんでした。
その学校の子は皆優しくて、話しかけてくれるのですが、それなのに、その人たちにも陰口を叩かれている気がして、泣きたくなるしつらいし、何よりいつもやさくしてくれるのにそんな事を思ってしまって申し訳ないです。
少しだけ、自分のレベルよりも高い所だったので勉強も追いつかなくなってきて課題も溜まってしまっています。
高校に行きたくないし、このままずっとこんな状態なのか、とおもったら大学にも行きたくなくて、社会に出て働くのも生きるのも嫌で、なんの為に勉強するのかもわからなくなってきてしまいました。
このまま人を不快にさせて迷惑だけかけていくのが申し訳ないです。
とうとう学校までズル休みしてしまいました。

小学校、中学校での私を心配してくれていた、母や祖父や祖母、中学や塾の先生たちには安心してもらいたくて、高校は楽しいと言ってしまって、とても喜んでくれているのでなかなか相談が出来ません。
それに母自身が、精神科にかかっているような状態なので負担を増やしたくないです。

長文失礼しました。
私よりも苦しんでいる人は沢山いるし、なんでこんなことで、と思われたかもしれません。すみません。
こうして誰かに話したり、伝えるのが初めてなのでまとまってもいないのですが、どうしたらいいかわからないので、出来たら誰か、意見を聞かせてください。

質問者:nudh
質問日時:2015-11-10 22:47:08
カテゴリ:恋愛・人間関係の悩み>友人・知人

ベスト回答
えっと、まとめると
>すべての人が私を見て〜うざいと思っている気がします。
>このままずっとこんな状態なのか、とおもったら〜社会に出て働くのも生きるのも嫌
>なんの為に勉強するのかもわからなくなってきてしまいました。
>迷惑だけかけていくのが申し訳ない〜ズル休みしてしまいました。
>どうしたらいいわからない
こんな感じかな。

お節介だけど、ちょっと発想の転換が必要の様に感じたので回答しますね。
現状(他の人と普通に楽しめない&ズル休み)に至った原因は
"自分の性格やコミニケーションの技術が足らないせい"だと思っているみたいですね。

でもね。それはあまりに楽しめない毎日にうんざりした"今の気持ち"が
変えようの無い過去を何度も思い起こさせ、見通せるはずも無い未来を決め付けて
あなたを立ち止まらせているのだと思います。

つまり、あなたの今の気持ちは"燃料切れ"に陥っていると私は思うのです。

もちっと細かく書くと、
確かに日々楽しくない瞬間を何度も味わい、他の人が楽しそうにしているのを見ると
他の人は出来て自分が出来ないんだから自分がダメなんだなぁって思うのは判ります。
でも、そう簡単に人って変われないですよね。

人との距離のとり方にしても、日々の過ごし方にしても
もっと楽しく、明るく、前向きに!って思ってもなかなか簡単にはいきません。

人が「こうすればいいよ!」って言ったとしても、それはその人だから出来る事。
「ただし、イケメンに限る!」ってのと同じです。

だからあなたはあなたなりに、地道に日々を重ねるしかありません。
「こうすればいいのかな?」「ああすればいいのかな?」と自分で考え、自分で自分を励まして、
「あちゃ〜失敗したよ」「なんか今日はがんばれた!」と上手くいったら自分で自分を褒めてあげる。
きっと今までもそうしてきたはずです。

でも、今、少し疲れてしまった。それが今の元気の"燃料切れ"状態なのだと思います。

原因は、自分の弱点なんかじゃありません。単に燃料が切れただけです。
元々、自分でも嫌というほど分かって、がんばって来たじゃないですか。

まだまだ人生は長いですよ。予想の着かない楽しい事はその先にあります。
燃料補給をマメにしてください。

ケーキでもお菓子でも、見たかった映画でもアニメでも、
やりたかった髪型や着たかった服でも、元気が出るまで寝るのもいいでしょう。
期限を切って自分を甘やかしましょう。自分に合った燃料補給を考えて下さい。
あなたのココロの一番の味方は、あなた自身ですよ。

回答になったかな?

回答者:wara-b
回答日時:2015-11-11 20:28:50

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
回答、ありがとうございます。

wara-bさんの回答を読ませて頂いて、自分でも「あ、そうなのか」と気付かされることがたくさんありました。
最初から、自分のせい、と決めつけることで更に自分を苦しい状況へと追い込んでいる部分があったと思います。

好きな音楽でも聴いて、しっかり燃料補給をして、また自分なりに歩き出せるようにしたいと思います。

本当に、ありがとうございました。

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ