Sooda!
 閲覧数:452
交通事故の被害者(大学生・女)です。横断歩道を歩行中、前方不注意の軽自動車に侵入され、全身10箇所近くの骨折、顔面に裂傷を負いました。診断書には全治6カ月とありますが、実際には3ヶ月入院の後、7ヶ月通院しました。

大学は半年の休学を余儀なくされ、留年はまぬがれたものの、その後の単位取得にとても苦労しています。
(卒業だけで精一杯で、就活や進学どころではありません)

加害者は経済苦から無保険、無車検で、車は親戚に借りたもの、事故は加害者が昼休み、昼食を買いに出た時に起きました。昼休みの外出は日常的なものだったようです。
裁判記録を取り寄せたところ、「本人は反省し、できる限りの償いをすると言っている、情状酌量の余地がある」とありました。
ですが、加害者からの接触は入院中に1度だけで、車の名義人の親戚の方、勤め先からは一切連絡はありません。
(昼休みの事故なので、会社の責任についてはグレーゾーンではあると思います)

携帯に電話しても出てくれません。治療費の支払いは最初の1ヶ月で滞っています。事故で壊れた持ち物や慰謝料については話すらありません。

民事訴訟を起こすべきでしょうか。
ないところからは取れないとよく聞きます。ネットで見るかぎり、治療費や慰謝料のし祓いに拘るとクレーマー扱いされることも多いようです。

やはり泣き寝入りしかないのでしょうか…

質問者:NOA
質問日時:2015-11-21 05:43:39
カテゴリ:暮らし>法律・消費者問題>法律相談


↓↓現在集まっている回答 1〜1件/1件中
いやいや、法律は上手く使うものの味方です。被害者が自分で立ち...詳細

回答者:wara-b
回答日時:2015-11-21 15:30:11

この回答の満足度 未設定
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ