Sooda!
 閲覧数:134
判例「個別株主通知と少数株主権の行使」について。
判例の概要に、「a種種類株式を創設し、普通株式を全部取得条項付普通株式に変更して、その取得対価として1株につきa種種類株式1万6000分の1株を交付する」とありますが、1万6000分の1株とはどういう意味なのでしょう。

質問者:kaishaho
質問日時:2016-03-02 08:50:40
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>政治・法律・行政


↓↓現在集まっている回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ