Sooda!
 閲覧数:217
リフォーム詐欺にあたるのでしょうか?

88歳になる一人暮らしの祖母の家の話です。
家主は母、六畳二間の1DK平屋築年数はかなり経っています。

近所のお宅のリフォーム中に、祖母宅の屋根の老朽化が見つかり、屋根の葺き替えの話が出て、父母が業者と話し合って屋根の修繕契約を結びました。
家主が母である事と、祖母が高齢(介護認定なし)の為、追加の補修や工事は必ず母を通すよう話をしており、屋根の修繕費用も工事完了後に現状確認してから代金を支払う事になっています。工事は終わったようですが、まだ支払いはしていません。

ところが、先日母が工事状況を確認した所、契約になかった雨樋の修繕がされており、祖母に聞いたとろ『雨樋が腐りかけていて危ないと言われた。屋根の修繕金額(120万円)を母に払ってもらって悪いから、今回は自分で払える範囲でお願いしてしまった。』との事で、こちらは前金で45万円支払ってしまいました。
因みに、雨樋は交換ではなく、サビ落としなどのクリーニングと塗装のみ。ネットで調べたところ、45万円は交換した場合の相場のようです。
事前の相談なしでの追加契約は話が違うと、業者に連絡し、明日業者との話し合いになるようですが、雨樋の件は契約取り消しが出来るのでしょうか?消費者センターなどに相談した方が良いでしょうか?

知識のある方からのアドバイスや、話し合いでのポイントなど、教えて頂けると幸いです。

質問者:sabasabambi
質問日時:2016-04-29 11:05:56
カテゴリ:暮らし>家事・住宅>新築・増改築

ベスト回答
通りすがりの者です。
>近所のお宅のリフォーム中に、祖母宅の屋根の老朽化が見つかり
そこからすでに怪しいと思います。本当でしょうか、、、
http://ilikehome-co.com/booklet/yane6.htmlの事例6にまんま当てはまるのではないでしょうか。
リフォームではよく工事前に写真を撮ることがありますが、きちんと工事前に写真を撮っているか、またそれが本物の写真かを最低でも確認しましょう。
ただし、ご祖母様が書面で契約している場合はかなり複雑であると思われます。消費者センターにも一報相談されたほうがいいでしょう。

回答者:としあ
回答日時:2016-04-29 13:58:31

この回答の満足度 ★★★★☆
お礼コメント
ご回答ありがとうございます。
事前の写真の件ですが確認してみます。祖母がした契約ですが、領収書はあるものの、書類があるかは不明です。
やっぱり悪質な業者さんですかね(? ????ω???? )
消費者センターには連絡してみます。

本当にありがとうございました。

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ