Sooda!
 閲覧数:239
大学を中退して24歳までニートだった女です。祖父母の死をきっかけに一念発起して、25歳の時予備校に入学し、父が医療職のため医学部をめざし勉強し始めました。昨年、私立の医学部で補欠合格でしたが繰り上がらず、今年までと決めて一年頑張ることにしました。もともと文系でしたが進学校出身で受験勉強は苦でなかったので河合の模試でマーク記述ともに総合で偏差値50から65くらいに上がりました。

しかし、いろいろな本やホームページを見ていると高齢再受験生は面接に通らないだとか、経歴に穴がある人はとらないだとか、そういった意見が目立つように思います。もちろん模試ではA判定、受験では合格者最低点を優に上まわれるような点数をとれるよう努力は惜しんでいません。しかし、まったく見込みがないのならほかの大学か就職も考えようと思っています。進学に関する費用は祖父母が私が一生ニートだったときのために取っておいてくれたお金と父母のおかげで賄えます。こんな私を応援してくれる家族には本当に感謝しかありません。

そこで質問は3点です。
1、このまま勉強を続けて受かる見込みはあるのか。
2、受からなかった場合はどんな進路をとるべきなのか。(すいません、できれば結婚はNGにしてください)
3、面接に通るコツはあるのか。

本当にわがままで信じられないような人間の質問ですが答えていただけると幸いです。

質問者:ゆうみ
質問日時:2016-05-19 18:32:57
カテゴリ:仕事・キャリア>その他


↓↓現在集まっている回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ