Sooda!
 閲覧数:283
自動車事故過失割合の修正要素について質問です。

先日見通しの悪い同幅の狭い丁字路交差点を直進中、横道から右折してきた車に衝突されました。
早回り右折したのか、当てられたのは丁字路交差点通過後で、私の車は左の前後ドア、相手の車は左フロントを損傷。

保険会社(JA)に連絡したところ、担当者に「丁字路交差点での事故は7:3(私)ですね」と言われました。相手の保険会社名を言ったところ「ダイレクト系は交渉に応じないので修正を加えるのは難しいですよ」とも言っていました。
そして保険会社で話し合った結果「やはり7:3です」との返事。
私が「状況見分の時に相手(加害者)がブレーキとアクセルを間違えたって言ってたのにそれは修正要素にならないんですか?」と聞くと何やら私をなだめるような言い方で「無理」的なことを言って「怪我が無かったことだけでも幸いですよ」と話を締めていきました。
私は事故が初めてで示談交渉のこともよくわからず、担当者の言う「仮に裁判をしても判例タイムズの出している基本割合から変わることはほぼない」という言葉を信じてしまい、納得できないまま電話を切りました。
その話を主人にしたら大激怒でJAに電話を入れ、その後の担当者の態度はよくなったのですが(最初はチャラかった)、
相手のブレーキとアクセルの踏み間違いの指摘だったり、著しい前方不注視(ぶつかるまで私の車に気づいていなかったと本人が言っていた)を指摘するのですが、
担当者が「相手が認めたら過失になるけど、基本相手はそれを認めません」「前方不注視というのは基本割合に折り込み済みなので採用されません」と交渉しようとしてくれません。
「それでも相手に言ってほしいというのであれば僕は言っても構わないんですけど、僕の経験上どうにもならないですよ」と言い、しまいには「こちらが何を言っても相手が過失と認めることはありません。それでも9:1を主張し続けても結局示談には至りません」と言ってくる始末。

加害者本人が私に「カーブミラーは見たけどすごく急いでいたので目視での安全確認はしていません」 「ぶつかるまで車が走っていることに気づいていなかった」 と証言しているのは修正要素の前方不注視として採用されないのでしょうか?
本人が認めても相手の保険会社が認めないってことはあるのでしょうか?
お互い注意して走っていたつもりでも起きてしまった事故で7:3、
片方がルール違反を重ねて起きてしまった事故も7:3となるものでしょうか?

質問者:こうめちん
質問日時:2016-11-11 14:27:50
カテゴリ:暮らし>その他


↓↓現在集まっている回答 1〜1件/1件中
質問者さんは相手のブレーキとアクセルの踏み間違いや前方不注...詳細

回答者:元家電サービスマン
回答日時:2016-11-12 12:39:30

この回答の満足度 未設定
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ