脳腫瘍になる原因については、今のところ正確な原因は解明はされておりません。
スマホ・PC・ゲームなどからの電磁波やブルーライトなどが原因という話もありますが、遺伝子異変や放射能の影響など他にも脳腫瘍になる原因は多く、スマホ・PC・ゲームなどの他にも、テレビ・電子レンジ・冷蔵庫・照明関係なども電磁波やブルーライト(HEV)を放出しているので、スマホ・PC・ゲームなどの電磁波やブルーライトなどが原因で脳腫瘍になるという医学的・科学的な根拠は、今のところ判明しておりません。
すでに脳腫瘍の病状があり、脳腫瘍の病状を悪化するリスク因子としては、高たんぱく・高脂肪食品の過剰摂取・過度のストレス・喫煙・過度の飲酒などがわかっているので、中学生や高校生などの若い年齢で脳腫瘍を発症する原因に、若いうちから偏食・食事の欧米化・暴飲暴食・ストレスなどの影響によって、脳腫瘍を発症していると思われます。

回答者:とくめい
回答日時:2016-12-11 13:50:18

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
回答ありがとうございます。
電磁波やブルーライトだけではなく食生活やストレスなどが重なることによって発症することもあるのですね。ブルーライトが抗酸化作用を活発にさせ細胞の酸化を防ぐというメラトニンが抑制されるとかかれていたので脳腫瘍の発症の原因になるのではと思い質問しました。
それから片親が良性の脳腫瘍の場合、子に遺伝するのでしょうか。
 

ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ