Sooda!
 閲覧数:175
中島敦の『悟浄歎異ー沙門悟浄の手記ー』で三蔵法師と孫悟空の生き方についての記載に「所与を必然と考え、必然を完全と感じていることだ。 さらには、その必然を自由と看做していることだ。」とあり、数行後に「必然と自由の等置」と表現されているのですが、どのような考えなのかが分かりません。
出来たら教えてくれませんか?
===補足===
中島敦の『わが西遊記』のなかの『悟浄歎異ー沙門悟浄の手記』でした。

質問者:しん
質問日時:2017-03-22 02:35:59
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>芸術・言語・文学


↓↓現在集まっている回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ