Sooda!
 閲覧数:121
【引きこもりでニートの経歴を上手く言い換えるには?】

就職でつまずき、私にはサラリーマンは不相応であることがわかりました。

不謹慎ですが、もう就職して働くことは嫌になったので
自分で事業を立ち上げることにしました。

そこでネックになるものが「過去の経歴」です。

「失敗や恥ずかしいことはさらけ出したほうが受け入れられやすい」とはいっても
元・引きこもりで元ニートのような経歴は恥ずかしいですし、
これでは誰にも相手にされないと思います。

かといって、下手に嘘の経歴を語っても、ボロが出るだけでしょう。

このような感じで、経歴をどのように語ればいいかで悩んでいます。

引きこもりになり、ニートになったことは悔やまれますが、
その時はこれで精一杯でした。

そこで、自分も納得できて、相手からも信頼されるような、
肯定的な上手い言い換えには、何があるでしょうか?

ご回答をよろしくお願いします。

質問者:匿名
質問日時:2017-05-11 16:04:02
カテゴリ:仕事・キャリア>ビジネスマナー

ベスト回答
起業するのであれば、ノープロブレムでしょう。
研究していたとか、修行していたとかで、世界を旅して周っていたとかで、
十分ではないででしょうか。

事業に関する十全な知識やスキルの備えが有れば、
正しい敬語の遣い方や美しい礼儀作法での接遇ができていれば、
経歴なんて(詐称さえしなければ)気にしなくて大丈夫です。

回答者:quiqui
回答日時:2017-05-12 01:22:44

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
問題なし、とのことですね。
確信が持てました。ありがとうございました。

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ