Sooda!
 閲覧数:183
私は一昨年前脳の手術して突然身体障害者になってしまいました。これからどう生きていけばいいか全く分かりません。

質問者:まっち
質問日時:2017-10-24 16:40:22
カテゴリ:暮らし>福祉・介護

ベスト回答
ここで、こうした質問ができるのですから、
希望はありますよ。
目が見えて、言葉の表現が可能であれば、
大いなる救いではないでしょうか。

童話作家・絵本作家・小説家・絵描きなどになることを
検討しませんか。

[ドクターと事務長が手配して下さって、
「障害者手帳」や「年金」は受けられるように
なっているのでしょ]

中途障害者は、誰しも、障害の受容には、
タイムラグがあるそうです。受け容れが難いことでしょうが、
失われてしまったことを嘆かずに(衝撃的な言葉ですが
残存能力に依る)可能なことに、
想いを馳せるようにしてくださいませんか。

ふろく:
「私にとって大切なのは、私が持っているものであって、
私が失ったものではない。
(佐藤真海 東京オリンピック招致プレゼンター:アスリート/パラリンピアン)」

回答者:quiqui
回答日時:2017-10-27 15:27:18

この回答の満足度 未設定
お礼コメント
佐藤真海さんの言葉、いい言葉ですね。泣きました。

↓↓その他の回答 1〜1件/1件中
こんばんは。本当にお気の毒様です。まっちさんのお気持ちは私な...詳細

回答者:自分も障害者
回答日時:2017-10-26 20:10:52

この回答の満足度 未設定
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ