とくネタトップ » 美容・健康 » ダイエット・フィットネス » 食生活・ダイエット食品
通報する

新食べるダイエット法

  • 09-09-02 02:00
  • 総合ランキング:89位
  • 役に立った:0
  • コメント:0
夢のような嘘みたいな本当の食べるダイエット方です

でも体のことを知ればしっかりとした理論に基づくものとご理解いただけると思います
ちなみにバナナとかそういったたぐいの一つものを食べるとったものとは異なります,

まず基本的に日本人の食生活から肥満の原因は脂肪の摂取というより炭水化物の過剰摂取が原因となるようです。そこでいかに炭水化物の摂取を適正にするかが肥満を防ぎ減量につなげるためのキーとなります

 

ただ炭水化物をまったく抜くというのもつらい話です

 

そこで炭水化物を少量に押さえつつ、お腹やアタマを満足させるというものです。では方法をご説明したいと思います

 

まず普段道理の食事の仕方でかまいませんただ炭水化物を抜いてもしくは普段の半分から1/3量にして食べてください。そしてここでできるだけゆっくりと食事するようにしてください。もしここで満足できるようならそこで食事を終えていただいてかまいません

 

ただ普段より食事量を減らしているのだから、満足感を得るのは難しいと思いますそれにこんなことならリクミィに載せる意味もないですね

 

そこで満足が得られないならそこで5~10分おいたあとにチョコレートなどの甘いものを少量食べてください

 

そもそも満腹感は腹ではなく頭で認知しているものなので頭をいい意味でだますことができます。もっと言えば一時的に血糖値を上げることで満腹時と同じ状態にするのです。これにより普段の食事量よりのカロリーの摂取を抑えることができます

 

 

ただ炭水化物以外は普段と同じならそこからカロリーの摂取が行われるのではと思う方もいるかもしれません。例えばヘルシーと思われがちな納豆は意外にカロリーが高いということをご存知の方も少なくないと思います。たしかにカロリーという目線だとそうですが納豆の主となるタンパク質と炭水化物とでは摂取の仕組みが異なります。もっと言えば炭水化物は早く摂取されやすいのです。そしてあまった余剰エネルギーは脂肪へ変えられるため肥満の原因となるのです。

 

ですから炭水化物の摂取を減らすことがより効率的な食事制限となるのです。ではなぜここで炭水化物の頂点の甘いものを使用するのかといわれれば、頂点だからこそです

頂点ゆえに摂取され直ちに血糖値の上昇が期待でき、満腹感を早く得られるという仕組みです

 

以上長々と説明をしていきましたが食事制限のみでは体重そのものは落ちますが同時に筋肉も落とす恐れがあるので、長期のプランなら同時に筋トレなどもお勧めします

最後になりましたが本日はリクエッション誠にありがとうございました

m(_ _ )m

0

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ

美容・健康ランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る