とくネタトップ » ニュース・時事 » 政治
通報する

TPP反対派の知的分析

  • 11-11-21 08:57
  • 総合ランキング:289位
  • 役に立った:0
  • コメント:0
TPP反対派の知的意見 r111121u農業a086

→ 動画はここで

中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない!

( 前回のつづき )

英語教育に debate というものがある。
自分の意見と反対の立場に(わざと)立って議論することで
"the art of persuasion"(説得力)を磨くトレーニングだ。

「相手の立場で議論する」という一見遠回りな作業を経て、
自分の殻に閉じこもっていては見えないことが見えてくる。

白熱した討論になりなかなかおもしろい
(nogaさんに凄いコメントを頂いたので是非読んでください)。

しかし、英会話上級者がする discussion より難しく、
ネイティブレベルの英語力があっても苦労する。

また、自分の持論を(一時的にでも)殺してしまわなければならないため、
その人の寛容さが試される。


World Map
Originally uploaded by lamina
TPPに関して、ぼくはどちらかというと反対寄り。
EPA/FTAのほうが良いんじゃないかと思う。

しかし、それさえ「米国丸儲け」になったのが
米韓FTAらしい。

「韓国に輸入される米国産自動車に対して
課せられる排出ガス診断装置の装着義務や
安全基準認証などについて、一定の義務を免除することになった。
つまり、自動車の環境や安全を韓国の基準で守ることができなくなった」
米国丸儲けの米韓FTAからなぜ日本は学ばないのか 
「TPP亡国論」著者が最後の警告! p.2


ダイヤモンド社 書籍オンライン 
Editor's choiceエディターズ・チョイス 【第28回】 2011年10月24日 
中野剛志 [京都大学大学院工学研究科准教授] ← この人も「預言者」なのかなぁ [ふらふら]

*************************************************
上の記事は非常におもしろかった。さすがダイヤモンド社 [手(グー)] 
ダイヤモンド社はピーター・ドラッカーの本を沢山出版しています。
ベストセラーになった「もしドラ」もそう。
*************************************************

中野教授は続けて吼える。

「米韓FTAについて、オバマ大統領は一般教書演説で『米国の雇用は7万人増える』と
凱歌をあげた。
米国の雇用が7万人増えたということは、要するに、韓国の雇用を7万人奪ったということだ。

他方、前大統領政策企画秘書官のチョン・テイン氏は
「主要な争点において、われわれが得たものは何もない。米国が要求することは、
ほとんど一つ残らず全て譲歩してやった」と嘆いている。
このように無残に終わった米韓FTAであるが、
韓国国民は、殆ど情報を知らされていなかったと言われている。
この状況も、現在の日本とそっくりである。」
野田首相は韓国大統領さながらに米国から歓迎されれば満足なのか

市場原理主義追求による悪循環(既に多くの人々が蝕まれている病魔)から
抜け出せますように。

 → 動画はここで

以下、参考サイト

劇薬TPP 最大の危険と怖さ
(↑ 日刊ゲンダイは過激な記事が多いけど、これはポイントをついてる)

中野剛志先生がTPP賛成論者の詭弁を全滅させたようです
(↑ 農業の「基本」について語るとこが好き。「成金」経済より大切なことがある☆)

TPPに賛成の人
農業者から声を出したい、TPP賛成

TPPに反対の人
「震災後のTPP参加 石川幸一氏、中野剛志氏」についてaokeysさん
TPPに反対する(環太平洋戦略的経済連携協定)沢田なおきさん

0

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ

ニュース・時事ランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る