とくネタトップ » ニュース・時事 » 政治
通報する

トランス脂肪酸にNO!

  • 16-04-12 18:34
  • 総合ランキング:512位
  • 役に立った:0
  • コメント:0
Pelican is on a diet by P.J.M. *extremely slow on flickr :( sorry*
いいえ、結構です

Pelican is on a diet
, a photo by P.J.M. *extremely slow on flickr :( sorry* on Flickr.



















No Trans Fat, Please

r120713u13a131 → r130220u13a131 → r130329u13a131 → r131208u13a131 


米、トランス脂肪酸の使用を全面禁止へ 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News http://t.co/MulGsDIDBi トランス脂肪酸以外にも健康に良くないものがまだまだ身近にある。砂糖、GMO(遺伝子組み換え作物)、あらゆる添加物、油脂、・・。

— Ray (@ray7liveJa) 2013, 11月 8

追記 8 (2013年2月20日水曜日 / 3月29日更新)

ガス代の節約(プロパンと都市ガスは随分違う)と自分なりの親孝行のため、時々、実家にお邪魔する。親の顔を見に行く、そういう小さなことが、後になって、大きなことだと、きっと気づく。


お土産に鮮度の良い野菜や精米したてのお米(ぼくは精米機を持ってる)などを持参する。

シャワー浴びて、食事を共にする。大好物だった鶏のから揚げやエビフライなどを食べなくなり、お菓子も全く食べなくなったが、実家には甘いものやお菓子に囲まれた糖尿病の父がいる。息子が模範を示しても、ボリボリバリバリ食べている姿に心痛められるが、あきらめず、行動で示す。

長生きしてほしいから。


本当は目の前にあった揚げなおしたサクサクのコロッケを一口食べたかった。でも我慢した。10分後、我慢してよかった、と(いつも思うように)思った。つかの間の快楽を求め、パクついて何度後悔したことか。口内炎やにきび(吹き出物)と無縁の生活を手に入れた対価である。


追記 7 (2013年2月19日火曜日)

2012年7月30日の記事「トランス脂肪酸に関する日米の温度差」で山田先生が
「企業のお先棒を担ぐ御用学者やジャーナリストたち」と言われていたのは、
例えば、この方 ↓ のことかな? 
科学無視のトランス脂肪酸批判 思わぬ弊害が表面化
日本人への影響は?
 2012年06月01日(Fri)  松永和紀 (科学ジャーナリスト)

読んで思ったこと、書きます。

「優先順位」が下だからトランス脂肪酸の表示義務などコストや手間がかかることはしなくていい
(2ページ目)とか、「飽和脂肪酸の増加が目立つ」(これも2ページ目。これについては
山田先生が上の記事できちんと反論されてます)とか、違うと思う。

コストや手間がかかるような状態にしてしまったことが問題で、トランス脂肪酸も遺伝子組み換え原料も、原発事故で暴かれた歪んだ構造から来た「症状」に過ぎない。

本来ならそういうものは(EUのように)入ってくる前に、水際でせき止めるべきもの。日本人なら特に(あの津波の恐ろしさを経験し)学ばねばならない

松永さんが最後のページで書かれているご自身の言葉がご自身が書かれたその記事の内容を否定しているけれど、ぼくはそれが正論だと思う。

「食生活が乱れ、油もたっぷり、お菓子パクパク、という生活を送っていたら、
トランス脂肪酸も飽和脂肪酸も、摂取量が跳ね上がります。」(4ページ目)

周りは「油もたっぷり、お菓子パクパク、という生活」を送っている人だらけ。

コンビニやスーパーのお菓子コーナーはこれでもかというくらい水素添加植物油や遺伝子組み換え原料まみれのスナックやお菓子が並ぶ。子供も大人も(おそらく何も知らず)それらを籠に入れ、口に入れ、風邪引きやすく治りにくい体質や、今までなかったアレルギーが出てきたり、鬱になったりしてる(Good news: やめるとなおる可能性大です)。

「日本人の米を中心とする食生活では、トランス脂肪酸の摂取量はそれほど多くはないのでは、
と推定されていました」(2ページ目)とあるけれど、日本人の米離れ、だけでなく、市販されているパンに「マーガリン」「ファットスプレッド」「ショートニング」「ブドウ糖果糖液糖」などトランス脂肪酸や遺伝子組み換え原料がふんだんに使われている。


記事を執筆されてもう7ヶ月たっているので、考えが変わられているかもしれないけど。


ぼくも以下の記事を今日読み返して、自分に突っ込みいれました。1年で人は随分変わります。


追記 6 (2012年7月13日金曜日)

肝臓の機能が低下すると目や皮膚など様々なところに影響が及ぶ。

肝臓をよくする20のプログラム

追記 5 (2012年6月7日木曜日)

子どもに野菜食べさせるには親が食べるのが一番、研究
2012年06月06日 17:35 発信地:米国

日本の未来を担う大切な子供たちへの食育はまず親(特に、母親)から。
「手本」こそ最強の教育メソッド。

追記 4 (2012年5月31日木曜日)

幸せになりたいならジャンクフードは控えめに、カナダ研究
2012年05月31日 15:28 発信地:英国

精神(イライラ、ストレス、不安障害、うつ等)にも影響する。

追記 3 (2012年3月22日木曜日)

雪印がトランス脂肪酸についての見解をまとめました。

トランス脂肪酸、その他脂質成分について」(PDF)リンク切れ

脂質の多いお菓子やデザートを全く食べない人は「影響少ない」だろうけど、
少しでも食べる人(毎日食べる人は問題外)は危険。

追記 2 (2012年3月1日木曜日)

2月22日、読売新聞を読んで愕然としたのはぼくだけじゃない
(遅れて NHK 全国のニュースでも取り上げられた)。

平成21年8月 農林水産省の見解(リンク切れ)
(↑ このときから何も代わっていない。ただ、「食生活の中で脂肪の取りすぎを控えることが
より重要と考えています。」というのは納得。トランス脂肪だけでなく「脂肪」注意。)

油も脂も、あまり使っていない料理を食べるほうが健康的。だから、和食最強
(↓ただし、これ注意。TPP「開国」の影響?また、「天然」だから安全というわけでもない。 
遺伝子組み換え添加物の輸入販売自粛を解除(リンク切れ)- 2012年3月1日 読売新聞
大量生産やコストダウンの歪、政治と経済の癒着、裏で起きていること、など複雑・・)。

トランス脂肪酸に関しては「1%未満」とかではなく、「ゼロ」が良い。

自分の食を振り返ってみよう。

忙しくてついついあのハンバーガーを食べた次の日、スナック菓子を一袋食べた翌朝、
にきびや口内炎、あるいは風邪みたいな症状、なかった?
(風邪みたいな症状 - 喉がおかしい、身体がだるい、咳が出る、頭が重い、肌が荒れる・・)

油と脂、どちらも身体には必要なものだけど、某バーガーやお菓子を食べようものなら、
その一食で、メーター振り切る、(身体には全く必要ない)トランス脂肪の大量摂取になる。

身体にいい油と脂は魚の中にある。EPAやDHAなどが含まれている

【追記 2013年2月19日】人間は脳で食べる。新鮮な椎茸などは油をつけなくても素焼きで十分美味しい。

先日、「ま、いいか」と、スナック菓子をぼりぼり食べたら、翌日体調が崩れてしまった
(今、自分の身体で人体実験、「除去食」やってるから、体調の変化がすごくよくわかる)。

健康になる近道は、「何かをやること」より「何かをやめること」だったりする。
これはMBAのビジネス戦略や経営学でも言われること(5Sとか)。自己管理も同じ。

追記(2012年2月7日)
信じられない!何故、日本人はあの大震災から学べないのか?
トランス脂肪酸(マーガリンやショートニングなど)たっぷりの食品が野放しどころか、
売れまくっている現実をどう受け止めれば良いのだろう?

震災でビスコ脚光 11年度売上高、過去最高45億円に - 朝日新聞 2012年2月7日
(リンク切れ)

ビスコの原材料名

小麦粉、砂糖、ショートニング、乳糖、ミルクシーズニング、加糖練乳、マーガリン、
食塩、でん粉、乳酸菌(有胞子性乳酸菌)、炭酸Ca(炭酸カルシウム)、膨張剤、
乳化剤、香料、調味料(アミノ酸等)、V.B1、V.B2、V.D (原材料の一部に大豆を含む)

Wikipediaより (トランス脂肪酸や添加物に詳しい人が見たらいろんなものが見えるはず)

「北里大学病院で交通事故死した五歳未満の子どもたち五十四人を解剖した結果、
四十二人(約七八%)がすでに動脈硬化だったそうです。

・・・そして、もう一つ悲しい現実があります。

それは、学校給食パンの原材料にショートニングが使われていること。
これは文部省が「学校給食実施基準」に定めています。  

私たち母親が、ショートニング入り食品を子どもに食べさせないようにどんなに努力しても、
学校給食パンの原材料にショートニングが使われているのなら、
私たち母親の努力は水のあわですね。
子どもたちは最低でも小学校の六年間は学校給食を食べなくてはならないのですから。」
あぶない食品■マーガリンとショートニング(リンク切れ)

TPPより何より、子供たちや胎児を持つ女性(リンク切れ)、またこれからの日本人を産み育てる人々(男もDNAを通して貢献するのだから)の健康を守る、育む法規制を一刻も早くしたい。

トランス脂肪酸の表示義務からでもいい、まず意識改革。
そして、食育を小学校の必須科目にする。


体験談
日本と韓国の食育に対する取り組みの違い(これでは日本が「負ける」のは時間の問題)

No thanks Originally uploaded by Escape_to_Christel

0

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ


レベル146
読者登録(6)

ニュース・時事ランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る