とくネタトップ » 恋愛・人間関係の悩み » 夫婦・家族
通報する

Love love

  • 12-11-07 17:43
  • 総合ランキング:集計中
  • 役に立った:0
  • コメント:0
今週の Ray7 Live!Axis of Faith” 追記

人間界最高の愛と冠される母の愛さえ、時に、過保護になったり、子離れできなくなったり、
色々と問題をひき起こす。

最近毎日のように飛び込んでくるニュースには耳を疑わせられる。

生後5か月の男児をパチンコ店駐車場で車内に放置し死なせる。
生後10か月の女児を「夜泣きがやまない」と殴り殺す。
昨日は、小6の長男を包丁で刺し殺した母が逮捕された。
一体日本の女性に何が起きている? 

God is love (1 John 4:8).

Jesus would never allow us to love our children, parents, friends,
or neighbors less.
 
To love God more than our children or parents never means loving them less.

On the contrary, it means loving them more
with the perfect love God gives to us and the love is for them.

Anyone who loves his father or mother more than me is not worthy of me;
anyone who loves his son or daughter more than me is not worthy of me;
and anyone who does not take his cross and follow me is not worthy of me.

Matthew 10:37-38

The word “worthy” is “ἄξιος” (axios), from which the English word “axis” comes.
Everything revolves around an “axis” (軸). It is located in the center of things.
Without it, everything falls apart.
(worthyという単語はギリシャ語でaxios, 英語のaxisの語源です。
すべてはaxis「軸」の周りで回ります。物事の中心に位置するものです。
それなしにはすべてバラバラになってしまいます。)

(ray7live!は英会話を学ぶ場です。教会の一室をお借りしていますが、教会ではありません。)

今週の ray7 Live! はheavyでした。で、追記です。ここでは日本語でも解説します。

親や子供より私を愛さないなら、“not worthy of me”(私にふさわしくない)。
この言葉を聞いた皆は理解に苦しんだかもしれない。腹を立てた人がいたかもしれない。

でも、それは、faith(信じる心)を試されている証。チャンス到来と視点を変え、考えてみよう。

まず、faithとは、信じるとは、何か。

人を信じる、ということは、理解を超えている(自分には見えない)ことを言われたとしても、
その人が言うのだから、信じる、ということ。

逆に、人を信じない、ということは、口では正しいことを言っていても、
その人は嘘をつく常習犯だと知っていて、その人に対してfaith(信じる力)を持たない状態。

信頼、わかりやすく言えば。ただ、この信頼、けっこうないがしろにされ、
悪用されることが多く、世界は傷だらけの人たちでいっぱい。話をもとに戻そう。

何様だと思っているのか!なんと傲慢な!自分を誰だと思っているのか!

当時の「お偉方」はそう怒り猛ってこの人を十字架に張り付けた。

反面、faith(信じる力)を持って聞いていた人たちは「この人が言うのだ、何かあるはず。
どういう意味だろう?」と探究/模索していた。私たちも先輩に倣ってその練習をします。

上の英文で書いたように、この人は愛の権化のような人。そんな人がわが子を愛するな、などと
言うはずがない。親を敬いなさい、と命令した人。親を敬うな、など言うはずがない。
変な宗教団体が無知な若者たちを組織に留まらせるためその言葉を利用するのとはわけが違う。

この人は自分の父を愛するがため、自分の子供たちのため、自らの命を捧げた人。十字架の死さえ受け入れた人。愛を語らせたら右に出る者はいない。

その人を心から愛し、仕えたマザーテレサでさえ影が薄くなるほどの人物。

というか、”God is love” とあるように、この神である人は、人の体をした愛そのもの。
わが子に対する愛も、両親に対する愛も、この人の存在が源泉。まさに “axis”(軸)。

その人が誰よりも、何よりも、まず私を愛しなさい、と言う。
力の限り、魂を尽くし、心から、頭を使うことを厭わず、私を愛しなさい、と。

Love says, "Love love with all the love you've got!"
(愛は言う。「愛をあなたが持つすべての愛をもって愛しなさい」と。)

つまり、本物の愛をあなたの“axis”(軸)として据えなさいということ

過保護な父の愛でなく、子供依存の母の愛でなく、試練や孤独(鋳薔薇の道や十字架)、離別にも耐えうる強い愛を "axis"(軸)にしなさい、と。

他の物を “axis”(軸)にしてはいけない。たとえそれが「(劣化した)愛」であっても。

Masaがクラスで言っていた通り、愛は愛でも「(レベルの)違う愛」
先週のテーマ “Otherness of Faith” に結びつく)。

そう彼は伝えたかったのではないでしょうか。
どうせ愛するなら “the ultimate love”(至高の愛)で
愛せよ、と。

どうせ私は・・・
Originally uploaded by en2zazm

そしてその道は愛を愛することから始まる。

Love love.

ラブラブ、って言葉、
なんか違う意味で聞こえてきた?

オリジナルの意味もいいけど、
それ考えると・・・

0

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ


レベル143
読者登録(6)

恋愛・人間関係の悩みランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る