とくネタトップ » 子育て・学校 » 子育て » 子育ての悩み
通報する

ふれ合い

  • 13-01-10 08:48
  • 総合ランキング:928位
  • 役に立った:0
  • コメント:0
Smiling Baby
Photo by Mallu2007

願いの叶え方
Rayの元気が出る女性学7

前回のつづき

2 ふれ合い [The Power of Interaction]

女は男よりふれあい(interaction)に長けている、と感じる。

妊娠、出産、育児、あるいは母性本能と関係があるのか、
長い歴史の中で担ってきた役割/環境によるものなのか、
専門家の意見も聞きたいところだが、自分の周りを見て、そう思う。

英単語にすると interaction(相互作用;ふれ合い;対話)。

子供を見ていると良くわかる。

(これは男女限らず)人は interaction により、ふれ合いにより、対話により、
相手に気づき、自分に気づき、成長する。

マリアの腕の中で眠っていた赤子もそうだった。
そして、彼は成長していった(And Jesus grew...)。

And Jesus grew in wisdom and stature, and in favor with God and men.
(そしてイエスは知恵が増し、背丈も伸び、神と人とに愛された。)

Luke 2:52

イエスは神である。そして100%人間である。

人は彼にスーパーマンのような人間像を重ねがちだが、そのためにクリスマスストーリーがある。

人間であるからには人間らしい attribute (属性;特性;特質)を持っている。

眠くなるし、疲れる。学ぶことも多々あった。ということは、失敗もした
(失敗することが罪を犯すこととは限らない!)。

ここでも、ある人は失敗した若者イエスの姿を見る。そして、その対話から、
その失敗から、これから自分がなすべきことは何なのか、見出す人間イエスを。

当時のユダヤ人らしく異邦人である女を「犬」(dog)と呼ぶイエスがそこにいる。

解釈はいろいろある。神はわざときついことを言ってわれわれを試す、とか。
福音書を書いた人(ここではマタイ)が付け足した、とか。
「犬」は家族の一員(ペット)だから愛称のようなものだ、とか。

どれもありえる解釈だし、その場その場でどれかを選んでも良いだろう。

でも、イエスが失敗した(失言した)という解釈も、ぼくはあって良いと思う
(神学的に言うと、神が失敗することによって失敗そのものが罪ではないことを確証し、失言することのない神が「失言」することによってすべての失言が失言であるとは限らない、とした)。

***Rayのワンポイント英会話レッスン*****************************************
失言 a slip of the tongue (日本語では「口がすべる」だが英語でも「舌がすべる」で似ている。

It was a slip of the tongue. I said something I shouldn't have said.
(口が滑ったんだ。言うべきでないことを言ってしまった。)
**********************************************************************

実際、「おばちゃん、メガ凄か信仰もっとんね。たまげた~。」とイエスは驚いている
(言語のギリシャ語は μεγάλη σου = megale sou で読み方だけすれば
「メガれいっす!」だ Rayの熊本弁バージョン参照)。直訳は「おばちゃん、メガれいっす!」
σου は英語の you にあたるから、「あんたメガ凄かばい!」が正しい訳だ)。

そしてそれまで拒んでいたリクエストに答える。おばちゃんの願いは叶えられるのだ。

ぼくは英語や聖書を教える立場にあるけれど、
女性たちとのインターアクション(ふれ合い;対話;interaction)から
学ばされることが多々ある。

イエスが人々とのふれ合いで学ばされていたのは子供のときだけ、とは思えない。
十字架の上でさえ、隣に張り付けにされた男の言葉を聞いて、
「こんな奴もいるのか」と驚いてるイエスがいるような気がする。

母が、父が、幼子を見て、こんなことできる、こんなこと言った、と驚き、楽しむように、
ぼくたちの動きや言葉を見聞きして微笑んでいる人が天国にはいる。


とんでもないことを(それがとんでもないことと知らず)やってる子供を見て、微笑んだり、ハラハラして見守ってくれている。

ぼくらがそうやって学び、成長していかねばならないことを知っているから、ちょっとつらいことを体験していても、すぐには助けの手を差し伸べず、時が来るまで、じっと待つ人がいる。


この女性(「おばちゃん」とは限らない)はそれを知っていた。


Smiling Baby - Coco Isabella
Photo by tiarescott

0

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ


レベル142
読者登録(6)

子育て・学校ランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る