とくネタトップ » 料理・グルメ » グルメ » スイーツ・菓子
通報する

チョコレート効果(注意付き) 1

  • 13-04-17 11:44
  • 総合ランキング:集計中
  • 役に立った:0
  • コメント:0
more hot chocolate please
more hot chocolate please(もっとほっとチョコレートちょーだ~い!)
a photo by noodleheadsews

Hot Chocolate はぼくにとって人生を変えた日に飲んでいた飲料。物凄く思い入れが深い。

しかし、チョコレートは昔と今では中身が違いすぎる。調べれば調べるほど出てくる驚愕の事実。

GMO(遺伝子組み換え生物/作物)は「これから」ではなく「もう既に」、いや、とっくの昔に、
日本に上陸、そして浸透していた。

例えば、ヨーロッパでは植物油脂が使われたものはチョコレートとは言わないが、日本のメーカーは「コスト削減」の切り札のひとつとしてそれを使っても「チョコレート」と表示できる。

実際、スーパーやコンビニで植物油脂が入っていない非遺伝子組み換えチョコレートを探してみると、わかる。ほぼすべての商品に入っていることに気づく(ついでにスナック菓子やクッキーの箱や袋を見てみよう。ほぼすべての商品に入っている)。

バレンタインデーは年々遺伝子組み換えチョコレートを口にする人の数が過去最高になる。人口の増加によるものではなく、メーカーが利益追求のため安価な輸入品(遺伝子組み換え原料)に手を染めて行くからだ。


TPPが批准されたらどうなるか、「サルでもわかる」はず。


このメカニズムはアメリカから学んだ非常に悪い習慣だ。


ぼくはアメリカが大好きだが、こういうところは認めなられない。米国民も認めていない

25万人もが撤回を請願していた法案「モンサント保護法」と揶揄される法案が成立)。


せめて遺伝子組み換え原料が使用されているかどうか(GMO)の表示をしほしい、と当然の権利を請願している国民に対して、表示すると間違いなく売り上げに影響が出るため、巧みな政治活動(「リボルビングドアー」と呼ばれる天下り)を駆使して、法律を作ってしまう。


TPPの裏にはそういう企業がいる。そんな協定に合意すればどうなるか「サルでもわかる」。


少しずつ、見えないところで、遺伝子レベルで、日本人を作る原料が変わっている既にある現実が加速する。


日本人はどんどんおかしくなっている。母が子を絞め殺し、子が親を刺し殺し、狂気の事件が増えている。それは人間を作る最も基幹的な「食」が変わっていることと関係があると思う。


遺伝子組み換え原料はお菓子やインスタント食品などに使われている植物油脂や「砂糖不使用!」と謳う飲料のブドウ糖果糖液糖/(コーン)シロップなどにとどまらない。

チョコレートに使われている原材料を問うレベルではなく、日本はその技術の最先端にいる。

関連記事:「大好きなお米、守りたい伝統」参照。

買うほうも、パッケージやマーケティング手法に騙されず、なんでも口に入れず、「食の常識」を疑う知恵を起動させないと、いつまでたっても避けられる体調不良の虜のまま一生を終える。

Shall I eat that weed, or not ?
鶏みたいに、頭を使わず(鶏にはそもそもそういう脳が無いが、あなたにはある!)、視界に入るもの、あれもこれも、何でも、口に入れること、やめましょう。

と、言っても、目の前に置かれると、それを我慢して、No, thank you.と言うのは、生理的にも、社会的にも、かなりの勇気と覚悟がいる。

でも、その勇気と覚悟が生む成果は絶大。

月に2回ほどできてた口内炎がまったくできない
(これは本当にびっくり。口内炎に悩んでいる人はここに解決策があります)。

脂っこいもの食べるとニキビ/吹き出物ができてたのが全くできない(脂っこいもの食べなくなったから。単純な論理。でも、ほんとにできなくなる → 解決策)。

毎年風邪をひいて喉が真っ赤になってたのが、そうならない。風邪治ってきたときいつも出てた咳も出ない(もしかしたら、風邪自体ひかなくなったのかも)。

食事を変えると、体調は驚くほど変わる。

頭を使おう。

チョコレートを食べた人は自分が何を食べたのか、ちょっと考えよう。同じパッケージで、同じ形をしていても中身は別物。コスト削減のため遺伝子組み換え原料や安全性疑わしい甘味料に置き換わっている。

毎月1回、参加している会のリーダーは91歳の現役内科医内田先生。彼は会の最後でお菓子が出てくると「私は結構です。お菓子はカロリーとかいろいろ計算できないから」と食べない。

そういう人もいれば、「人生長くないから好きなもの食べて死ぬ」という人もいる。

どちらも自分の選択によるblessings/retribution(恩恵/懲罰)を既に受けている。

日本の多くの人々は「好きなもの食べて死ぬ」宗教を盲信しているようだ。

ぼくは予防医学の権威である内田先生に倣いたい

人生長くないからこそ、自分というresource(資源)を、大切な人のため、ことのため、効果的に使い、費やせるよう、管理したい。

それには、知識は必要だ。そして、それを、正しいものを正しい、と認める謙遜さ。そして、周りに惑わされず、それを行動に移す勇気。

繰り返します。

植物油脂はトランス脂肪酸だけではなくGMOも含んでいます。予防医学はそれを避けることから始めましょう。体調は劇的に変化します。

不自然な味、というのがあります。それを感じられるようになりましょう。


参考記事:国内メーカーで唯一、遺伝子組み換えの原材料を使用しています(← この記事はちょっと前のものだが、当時の植物油脂使用の記録もある;YouTubeにも)。



つづく → チョコレート効果(注意付き) 2

0

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ


レベル141
読者登録(6)

料理・グルメランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る